« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

横浜スタジアムでソフトボール!



横浜スタジアムです! 過去2回、ここでソフトボールの試合をやりました。去年は抽選にはずれてできませんでした。今年も11月のある日を申し込んだのですが、ハズレました。



あ~今年もか!と嘆いていたら、なんと10月の今日空いていたのです! 速攻で先週申し込みました。でも、あまりに直近なので、相手チームを探すことができませんでした。



仕方ないので、磯子ファイターズの中で紅白戦をしよう!ということになりました。



201610280001062



スペース杉田を運営するNPO法人ゆっくりいそごと、工房タッチなどを運営するNPO法人さざなみ会の戦いですね





201610280001061



今回特別ゲストで、女性シンガーの奈緒さんに国歌斉唱をお願いしました。君が代には別に大した思い入れはありませんが、奈緒さんは歌声はみんなを感動させました。



201610280001063



始球式は、仲の良い金沢区すぺーす海の施設長にお願いしました。



途中から雨が本降りになって引き上げましたが、初めてここのグラウンドの土を踏んだメンバーは、興奮しながら帰っていきました! 



また来年もやりたいなー!




|

監査の朝

スペース杉田のような福祉事業所は、3.4年に一度、横浜市役所の監査を受けます。今回はワークポート根岸橋と二つの事業所の実施監査なので、市役所からは6名の担当の方がいらっしゃいました。

やっぱり人間だから、気づかない間違いをしたりします。知らない内に条例が変わっていたりします。そういうこと指摘してくれるありがたい機会なので、今回もドキドキしながらお待ちしていました。

そして夕方5時、実施監査は無事に終了したのでした。皆さん、お疲れ様でした。

 

|

いつの間にか秋・・・



秋晴れの一日でした。昼間はちょっと汗ばむような陽気でしたね。



朝方はちょっと寒いので着込むと、裏切られたって感じでしょうか。



よく言われることですが、日によって寒かったり暑かったり、一日のうちでも温度差が激しいような日が続くと、てきめんに調子を崩す人がいらっしゃいます・・・

|

「志村けん 頑張ります!」

今日の午後はカラオケだったのですが、Hさんはパソコンをやってくつろいでいました。

志村けんさんが大好きなHさんは、自分のことを「ハイ、志村です」などと言うことがあります。ひょうきんなところもあるHさんです

実はHさん、今度の金曜日に身体の検査があるのです。その結果が今からちょっと不安なんです。もし結果が良ければ、スペース杉田の旅行(宿泊研修)も行けるのになぁ、と一人ごちるHさんでした。

|

防災避難訓練

今朝は、防災避難訓練をやりました。

「あっ地震だ、震度5くらいです!」

入り口の扉を開け、火の元(元栓)をチェックし、電話が繋がっていることを確認し、消化器の使用期限も確認しました。

その後は、みんなで指定避難場所まで行きます。

スペース杉田は、梅林小学校が災害時避難場所です。もちろん、そこから特別避難場所に移ることも可能です。

しかしこの写真、なんか記念撮影みたいですね

帰り道です・・・

とにかく、地震がおきませんように。

|

ワークポート根岸橋のHPがオープン!

スペース杉田と兄弟の地域活動支援センター「ワークポート根岸橋」のHPができました。どうぞ、ご覧になって下さい!

https://workport.webu.jp/

|

「杉田文学」第29号より ③

『精神障がい者となって』

            杉田花子

私が障がい者手帳の交付を受けたのが、30台後半で、それから考えて、良かった事より辛かった事の方が多かったような気がします。
 
でも、どんな状況下でも『いい事』を探すのが、私はうまかったりします。
 
福祉のありがたさを、痛感しています、二ヶ月に一度振り込まれる『障がい年金』働かないでも、お金を受け取れる、非常にありがたいです。
 
障がい者手帳を見せると、映画が千円、これもありがたい、無料でバスやブルーラインに乗れる『パス券』これもいい点です。
 
なんと言っても『精神障がい者』だからこそ『スペース杉田』のメンバーになれたのだ、と思うと我が身の幸せをしみじみと思います。
 
卑屈にならず、傲慢にならず、私はこれからも、精神障がい者として生きて行こうと思います。 

| | トラックバック (0)

カラオケでは元気?

今日の午後は、カラオケでした。ん~男子ばかりですね・・・他にもメンバーはいたのですが「下手だから恥ずかしい」と遠慮したみたいです。

確かに今日のお三人は、歌がお上手なのでした。

古くからギターサークルのメンバーで、最近利用者登録をしたHさん。今日はカラオケのためにいらっしゃたそうですが、何曲も堂々とした歌いっぷりでした。

でもHさん、普段は貝のように口を閉じていておとなしいんですよね。それを聞くと、自分から誰かに話しかけることがまだできないんだそうです。

| | トラックバック (0)

昼食ボランティアさん募集中!

スペース杉田では、毎週火曜日と木曜日はボランティアさんに昼食を作って頂いています。

写真のお二人はもう何年も前から来ていただいているベテランのお二人です。

実は今、昼食ボランティアさんを募集中です。ベテランのお二人が優しく教えてくれますので大丈夫です(二人組のペアで作ります)。是非関心のある方はご連絡お待ちしています(045-772-5641 スペース杉田 コヤマ)

|

『杉田文学』29号より ②

 

「精神障害者になって」 

      I.N    

 大学を卒業して就職した後、仕事のストレスで抑うつ状態になりました。二度休職した後、症状が悪化して退職・入院しました。そこで精神分裂病(統合失調症)と診断されました。病名を告げられた時はショックでした。

 それから20年、デイケア・シャローム・第二シャローム(現森の庭)・スペースと通って来ました。そこで出会った方々は延べ数十人。中には亡くなってしまってもう会えない人もいますが、それらの皆さんとは精神障害者になっていなかったら絶対に出会えていなかった方々です。皆さんと過ごした事は、今となっては良い思い出です。

 今スペースで一緒の人、そしてこれから出会う人、これからも宜しくお願いします。最後に一言、「働く事だけが人生じゃない!」です。


|

『杉田文学』29号より ①

「精神病の透明な壁」

 

らぴゅた

〈兆候〉

 息子を保育園に預けたまま、何故かそのまま電車に乗って北へと揺られた。仙台駅で一週間過ごした。金も無くなり横浜のアパートに帰った。捜索願が出ていた。暴れて電話機を投げつけて壊した。身体の凝り(仮面うつ病)がひどい。不眠が続く。引きこもる。ひどい疲れに苛まされる。それから・・・

〈精神病と告知されて〉 

あの時は雨が降っていた。びしょ濡れだった。精神科のクリニックの自動扉を前にして何度引き返したか、そして何度押すことをためらったか。

ドアーの向こうの世界とこっちの世界。僕は倒れこむようにして向こうの世界へと入った。大勢の「患者」でロビーはいっぱいだった。バッハのG線上のアリアが静かに流れていた。何ともお似合いだ。

検査の結果、重度のうつ病だと診断された。病気 ? 病気・・・何となく思っていたけれど・・・。怖さと安心感の入り混じった不思議な気持ち。

それからは向こうの世界が今の世界となった。やがて「精神障害者手帳」が送られてきた。その境の見えない壁はどこまでも透明で冷たい・・・。

〈はじめての入院〉

 三浦半島の丘にある病院に入院することになった。京急電車に座りながら海を眺めた。何故かな、悲しくて涙が頬を流れた。

 初めての精神病院に入院した。手続きをして鉄の重いドアーの向こうへ案内された。「ガチャリ」という重い無機質な音・・・。閉鎖病棟に似合う響き。

〈自死念慮〉

 ストレスに心が引きちぎられる。「消えてしまいたい」。何度、駅のホームでためらったか。大量服薬を数十回繰り返す。救急搬送されるが覚えていない。蛍光灯の白い光が瞼を透けて見える。「生きていたのか・・・」。点滴、尿道管、胃洗浄、管だらけで目を覚ます。

 家族は僕から離れていく・・・

僕もどうしようもない孤独感に陥る。

精神病は周囲を不幸に巻き込む。そして・・・別居・・・離婚。

〈透明な壁〉

精神障がい者にある透明の壁。健常者の友人とは会えない。「何の仕事してるの?」その普通の何気ない会話が出来ない。まして、生活保護を受給してるとは言えない。

いわゆる「障害者差別解消法」は「全ての国民が、障害の有無に関係なく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現」を理念に謳うが、それには「精神障害者」であると曝け出さねばならない。それが何とも辛いのです。だけど、一歩踏み出す勇気が必要なのです。

 

|

グルメサークル 「タイ料理編」

20161018_11292801

みんなで美味しいランチを食べに行こう、というグルメサークルの活動が久しぶりにありました。お店は、横浜JOINUSの○ンゴーツリーキッチン。小さくて可愛らしいお店です。サークルメンバー5人でおじゃましました。


20161018_11582701

「鶏のカパオ」880円

「シーフードカパオ」980円を食したグルメサークル代表でマラソンサークル代表でもあるHさん。「美味しかったですよ! Aダッシュです。みんな美味しかったって言ってました」

|

横浜YMCAチャリティーラン

今年も、みなとみらい象の鼻パークで、横浜YMCAが主催するチャリティランが開催されました。スペース杉田はいつも横浜YMCAチームのサポートメンバーで参加させていただいてます。

初めて参加するようになってからもう10年くらい経ってると思います。きっかけは、スペース杉田を運営するNPO法人ゆっくりいそご主催の講演会に横浜YMCAの館長さんがいらっしゃり、その時に「こういうイベントがあるんだけど参加してみない?」と声を掛けてくださったのでした。

それから、もう10年。スペース杉田では恒例行事としてスケジュールに入っているイベントです。

当初から参加しているのは、マラソンサークル代表のHさんです(中央)。

|

フレンド・シップ杯ソフトボール大会

大会

横浜市の精神障害者のソフトボール大会である「第23回フレンドシップ杯ソフトボール大会」が保土ヶ谷球場でありました。昨年までは金沢区並木の産業振興センターグラウンドでやっていたのですが、今年は諸事情で(9月2陽の投稿参照)保土ヶ谷になりました。

大会

毎年のことですが、スペース杉田は大まじめで優勝をねらっています。しかし・・・

大会

今年は4位でした。1回戦は勝ちましたが、2回戦で1-20という大差をつけられ、3位決定戦もいいとこありませんでした・・・

いいんです、みんな頑張りました。10年以上一緒にやってきました。一緒に年をとってきました。そりゃあみんな老けてきました。体力も集中力もなくなってきました。でも、みんな野球が好きなんだ! だから一度でいい、優勝して~ 

|

いい天気

天気

今日は久しぶりに良い天気でした。早速海の公園へむかう人たち

天気

こちらは相変わらずの登山サークル

とにかく最近雨の日が多いですね~

|

富士山宝永火口へ行くはずだったのに

Houei

富士山の富士宮口から6合目を過ぎると、登山道と分かれて宝永火口への遊歩道が続きます。自然が作り出した

結局登山ができなかった富士登山サークルのメンバーが、残念会も兼ねて今日は宝永火口を見学する予定でした。朝7時に磯子駅、天気も良いし、帰りは日帰り温泉にでも寄って、とか考えていました。ところが、主要スタッフが前の晩から体調を崩し・・・中止になりました。

今年は、とことんついてない富士登山サークルでした!

|

ゴールドコンサート

東京有楽町国際フォーラムホールCで、障害者の音楽コンクール『ゴールドコンサート』がありました。(写真は撮影禁止が厳しくて、開演中は撮れませんでした)。もう13回目なんですね。

事前審査で選ばれた11組の出演者がグランプリを競いました。みなさん素晴らしいパフォーマンスでした。

スペース杉田のギターサークルのTさんです。最近「enju」という名で積極的に音楽活動(ギターの弾き語り)をしています。今回の大会に応募したのですが、残念ながら線に漏れてしまいました。

しかし、来年こそはこのステージに立つぞ!と会場を後にしたTさんでした♪

|

最後の練習

磯子ファイターズ

来週の大会を控え、磯子ファイターズの最後の練習がありました。

磯子ファイターズ
メンバーそれぞれやることがありますから今日は全員集合とはなりませんでしたが、大会当日はみんな集まる予定です。

磯子ファイターズとしての大会出場は今年で12回目になりますが、中心メンバーが変わらずにこの大会に出場し続けているのは市内の出場チームで多分磯子ファイターズだけでしょう。

今年は、一回勝てば準決勝といういいポジションからスタートです。決勝進出、優勝も夢ではありません!

|

サンセットミーティング

その日一日の振り返りをするサンセットミーティングですが、少々話題がはずれる人もいます。

「体の節々が痛い」「寒いと布団から出る気がなくなるよ」「やっぱり落ち着いた癒しみたいなものが欲しい・・・」など、男子からは、ぼやきのような発言が相次ぎました・・・

40台後半から50台後半の男性が中心的な存在のスペース杉田ですが、どうも女性の方がポジティブで元気がいいような今日この頃です。

|

新しい靴を買います





もうボロボロのHさんのスニーカーです。このスニーカーで、あちらこちらを歩いてきました。多分300キロ以上歩いていると思います。Hさんの血と汗(と涙?)の勲章です(ちょっと大げさ)。



「もういい加減に新しいの買いなよ」という声もあって、Hさん、新しい靴を今から買いに行くそうです。





Hさんもスペース杉田に入った頃と比べると、色々変わりましたね・・・



|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »