« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

その後のスペース杉田のスマホ事情


最近は普及が進んだのか、一時より沈静化したスマホブームですが、ちょうど一年前にスペース杉田での所有率を調査しました。その後変化はあったでしょうか?
厳正なる調査の結果(ただ聞いただけですが)、38名のメンバーでスマホを持っている人は7名(iPhone2名 Android系5名)と4名増えました。職員は5名のうち2名(iPhone1名 Android系1名)、これは変わりません。スペース杉田を運営するゆっくりいそごの理事も、変わらず(多分)ゼロのようです。


最新型スマホに変えたばっかりの今日のプログラム『デコパージュ』のヤマナ先生。スマホに詳しいメンバーに使い方を聞いてました。

「どうも使い方がよく分からない」「電池がすぐなくなる」「電話としてはダメ。音が途切れる」という声もありますが、「やっぱりなんやかんや言って、これは面白いです(笑)。あと5年くらいしたら、みんな変えてますよ」という声も聞こえるスペース杉田のスマホ事情でした。

|

ラーメンサークルと「磯子マガジン」のコラボレーション

Photo

磯子区を代表するWebマガジン「磯子マガジン」さん認定の<ラーメン特派員>として、スペース杉田のラーメンサークルメンバーが、取材して(つまり食べに行く、ということですが)「磯子マガジン」の記事を作ることになりました。

きっかけは、ラーメンサークルの存在を知った「磯子マガジン」編集長吉野さんからの提案でした。吉野さんは、大のラーメン好きとか。

今日はその初めての取材日だったのですが、JRの線路沿いにあるとある家系のラーメン屋さんに総勢10名で出かけました。

<磯子マガジン ラーメン特派委員>の特製名刺をお店のご主人に渡し、記事掲載の許可をメンバー代表のSさんが交渉。快く、承諾してもらいました。

ラーメンの感想は、もちろん「美味しかった!」です。サークルメンバーが写真を撮り、記事を書きます。それを吉野さんに送ります。

さて、果たして「磯子マガジン」にスペース杉田ラーメンサークル探検記は掲載されるでしょうか?乞うご期待!です。

(写真はラーメンサークル中心メンバー)

|

今日のお客様

今日から三日間の研修でNさん(写真 右)がいらっしゃいました。研修といっても、Nさんは現在神奈川区のスペース杉田と同じ地域活動支援センターの一年目の職員さんです。

午前中にいらしたもうお一人は、港南区の地域活動支援センターの利用者のこちらもNさんです。もう3年くらいのつきあいになります。ギターサークルの練習でいらっしゃいました

夕方、女性のNさんに聞きました。
スペース杉田の感想を教えてください 「風通しが良い所、という感じです」・・・どっかの窓が開いてましたかね?(笑)「すきま風じゃないって!(笑)」と、ノリのいいNさんでした

|

スペース杉田の矢沢サン

赤坂のYAZAWAショップDIAMOND MOONで買ったというパーカーです。

スペース杉田を代表するYAZAWAファンのKさんです。ここ一ヶ月は、何故かケーブルテレビの勝新太郎主演『警視K』にハマっているそうです。マニアです・・・久しぶりに一人でフラッといらっしゃいました。

基本的にシャイなKさんの過ごし方は、静かにYouTube鑑賞です。

最近のKさんは、なんと禁煙しているそうです。物凄いヘビースモーカーだったのに・・・なんとなく落ち着いたアダルトなムードを漂わすようになったKさんでした。

|

<告知>NPO法人ゆっくりいそご講演会のご案内  チケット好評発売中!

NPO法人ゆっくりいそご講演会vol⑦

『生きる 寄りそう』

20100225

●講師 柏木哲夫 氏
●日時 平成25年3月7日(木曜日) 14:00開場 14:30開演 16:00終了予定
●場所 磯子区民文化センター杉田劇場ホール
入場料 前売1000円 当日1200円(定員300名)

今回の講演会は、ホスピス医の第一人者として、約2500名の患者を看取られてきた柏木哲夫先生を講師にお招きします。現在、金城学院学院長の傍ら、ホスピスの経験をふまえ、主に「死について考えるこのと大切さ」をテーマに講演や執筆をされています。多くの末期患者とその家族をケアし、寄り添ってこられた経験から語られる、こころのふれあい、気持ちを理解することの大切さと難しさは、わたくしどもの活動のみならず、誰もが参考になると思います。

【著書】
『病める心からの解放』『病める心へのアプローチ』『「老いは」ちっともこわくない〜笑顔で生きるための妙薬』『ベッドサイドのユーモア学〜命を癒すもうひとつのクスリ』『「死にざま」こそ人生〜「ありがとう」といって逝く10のヒント』他多数

チケット好評発売中。お電話でもFAXでも受付中です!

|

イトウさんとの再会

杉田のレストラン<バルブ>で、イトウさんを囲む会がありました。イトウさんは2年前に磯子区役所を定年退職されました。

今から8年ほど前のある日、区社協にパソコンのボランティアの募集を出していたスペース杉田に、イトウさんは地域のパソコンに詳しい方を連れてきてくれました。そこからイトウさんとのお付き合いが始まり、スペース杉田と地域のつながりは飛躍的に広がりました。地域の方が30人以上出演して頂いた劇映画製作や、40名近くのよさこいダンスチームの結成は、イトウさんの来所がなければあり得なかった活動でした。

イトウさん自身も定期的にスペース杉田のメンバーとの懇談会を何回も持ち、「精神障害のある人のイメージがガラッと変わった」と今日もおっしゃってました。

今は第二の人生を過ごされているイトウさんですが、また来年2月にここで会いましょう、とイトウさんを慕う人たちと約束したのでした。

イトウさん、ありがとうございました!

|

寒風の中を25キロ歩く

横浜市内、神奈川県域をみんなで歩こう!長距離を歩こう! というスーパーウォーキングサークルの二回目の活動がありました。

スーパーウォーキング②
前回(1月30日)は、杉田から新横浜駅まで歩きましたので、今日は新横浜駅をAM10時にスタートです。今日の目的地は市営地下鉄あざみ野駅。日吉の方をわざわざ迂回しての経路です。

青空が広がるいい天気なのですが、北風がとても冷たいワケです。

それでも、段々暖かくなてきました(武蔵小杉あたり)。

スーパーウォーキング②

昼食は神社の境内でコンビニおにぎり。お金をかけない活動がポリシーです。

センター北。このあたりは最近急速に発展したそうで、「昔はなんにもなくて歴史博物館しかなかったよ」とはサークル代表のO氏。

スーパーウォーキング②

代表のOさん。終始先頭をスタスタ歩く超健脚の持ち主です。昔は横浜から新潟県まで歩いたことがある、という「歩きの達人」です。しかも、綱島はラジウム温泉が出てから栄えた町なんですよ、とか横浜の郷土史にも精通しています。

スーパーウォーキング②

あざみ野駅に着いたのは午後3時すぎ。ほぼO氏の時間スケジュール通りの活動になりました。Oさん、凄い! もう一人、初めて25キロなんて長距離を歩いた女性メンバーにも賞賛の声が上がりました。「疲れたけど、楽しかった(笑)」そうです。

さて、次回は、あざみ野駅を出発して、どこかへまた歩きます。

|

おだしょうご さん

「おだしょうご」さん

今回で20回目になるギターサークルの演奏会は、磯子在住のミュージシャン「おだしょうご」さんに出演して頂きました。

「おだしょうご」さん、凄いお名前です。小田和正さんと浜田省吾さんを敬愛しているので、10年程前から「おだしょうご」として音楽活動をしているそうです。これは、自分の歌や演奏に自信がなければ、なかなかできることじゃありませんね。

オリジナル曲もあるおださんですが、今日は小田さん浜省だけではなく、かぐや姫、さだまさし、といった懐かしいフォーク系の人から今井美樹、杏里の曲もなんと原曲のキーで披露してくれました。原曲のキーでカバーすることが、おださんのポリシーだそうです。
「おだしょうご」さん
「凄い上手い!」「最高でしたね」「懐かしい曲を聴いてたら、その頃のこと思い出して泣いちゃいました」など、大絶賛のおださんのステージでした。
ギターサークルのメンバーにも、いい刺激になったようです。

おださんは、磯子の<イマージュISOGO>にも所属していて、横浜のライブハウスなどにもよく出演しているそうです!

|

久しぶりのテニス

諸事情でしばらく休むことが多かったテニスサークル代表のYさんが、久しぶりにテニスコートに立ちました。

昔は「テニスの王子様」と呼ばれていたYさん、最近は体重が三桁になりそうな勢いだそう・・・以前より休憩を取るペースが多くなりました。

それでも、弥次喜多サークルで日本橋から京都まで歩いた「超合金の足」は健在で、徐々に調子を取り戻して、鋭い角度でボールをコートの隅に打ち込んでいました

ラケット振ったあと、右足をピョコンと曲げるくせが可愛いのです

|

ラジオ体操とラーメン

今日の<ヘルシー&ビューティー⑪>プログラムはラジオ体操や簡単なエアロビ、筋トレをしました。

たかがラジオ体操、されどラジオ体操。真剣にやると結構筋肉を使うもんです。参加したメンバーも「疲れたけどスッキリしました」との感想でした

夕方は磯子のWebサイト<磯子マガジン>の吉野さんが来て、ラーメンサークルの代表お二人と打ち合わせがありました。昨日出来たばかりの『磯子マガジン ラーメン特派員』の名刺を、吉野編集長と交換したのでした。

さて、<磯子マガジン>さんとスペース杉田ラーメンサークルは、何を企んでいるのでしょう?それは、また後日紹介します

|

スペース杉田は暑い?熱い?

スペース杉田はあったかい!?
午後5時を過ぎると、今までの喧騒はどこへやら(そんなにうるさくはないですね)、静寂が訪れます。
今日は朝から雪の降るとても寒い一日でした。ところが、なんとビックリ!今日のスペース杉田のエアコンは、今までスイッチが入っていなかったのでした。

そうなんです、スペース杉田は、あったかいのです。ごく一部に小型電気ストーブにかじりついている寒がりもいますが。

メンバーが大勢だとさらに室温は高くなり、「暑い」くらいになります。これはあながち、マンションの構造からくるものだけではないかもしれません・・・

|

宿泊研修

今年度の宿泊研修の日がやっとやってきました。今日の日を迎える為にどれだけの苦労があったことか! 実はそれほどなかったのですが、福祉バスが取れなかったり、行き先が変わったり、お金(予算)がないとか、それなりに苦労はありました。実行委員のメンバーはお疲れ様でした。

それはともかく、出発する前から雨が降ってきたわけで、これで宿に着く前のみかん刈りはなくなってしまいました。残念・・・

Dscn0896

午後1時頃のスペース杉田。みかん刈りがなくなったので、1時20分に出発となりました。

今回の参加者は、メンバー16名、職員5名、理事2名の合計23名での旅行です。

Dscn0906

新杉田駅からJRで大船駅に行き、東海道線のアクティに乗りました。このアクティという電車にはトイレがついているんですね。これは、トイレが近い人には安心です。

熱海駅で伊東線に乗り換えました。伊東線は、最近話題の『とんび』というテレビドラマの撮影があったそうで、『とんび』はいいわよね〜なんて話で盛り上がりました。

Dscn0916

河津桜です。

Dscn1010_3

午後4時頃に、宇佐美の宿『海ホテル』さんに到着しました。『海ホテル』さんはお寿司屋さんで働いていた方がオーナーの小ぢんまりとした5部屋の宿で、スペース杉田一行の貸切になりました。

Dscn0917

宿のかけ流し温泉はとても気持ちがよく、体がポカポカしました 夕食が楽しみだなぁ〜

Dscn0921

午後6時、夕食が始まりました。

Dscn0941

いつも宿泊研修に参加の前田理事長の乾杯の挨拶です。

Dscn0932

さて、お料理です!

Dscn0981

金目鯛です アワビもでました・・・美味しかったです。

食事の終わり頃には、今回宿泊研修で初めての「演芸大会」を開催し、超盛り上がりました でもここでは紹介しません。参加した人だけが目撃することができた奇跡の芸が披露されたのでした!(ちょっと大げさ)

その後は、各自、部屋で過ごしました。大部屋に集まってまた盛り上がる人たちや、「眠れない」ということで静かに深夜まで語りあう人がいたり(こういう機会でしか話せないことをもありますよね)、早々に鼾をかいて寝ている人や、ほんとにそれぞれ自由に過ごしたのでした・・・

Cimg7419

さて翌日は、また宇佐美から熱海まで伊東線で移動。熱海で3時間ほど過ごしました。

Dscn1028

最近、有名な温泉街も不景気で苦労しているそうですが、土曜日ということもあり、熱海の駅前商店街は雪が降りそうに寒かったですが、大勢の観光客で賑わっていました。

今回参加できなかったメンバーのお土産を探したり、喫茶店で過ごしたり、足湯に浸かりに行ったり、ここでも各自それぞれ自由に過ごして、帰りの電車の時間まで過ごしたのでした。

大船駅での解散式の様子。怪我もなく、みんな元気に帰ってまいりました。

たった1泊の小旅行でしたが、みんな心の中では小さな変化やドラマがあったかもしれませんね

|

晴れ間

晴れ間
昼下がり、笑い声の絶えないお喋りが聞こえるな〜と思ったら、サンセットミーティングでした。

今日の皆さんの話題は何だったんでしょうか?・・・
朝からどんよりとした曇り空でしたが、晴れ間もちょっと見えました。

でも、明日は午後から雨だそう。明日から、年に一度の宿泊研修です。そのせいか、何となく賑やかなスペース杉田でした。

|

ZZYC(ジーク) さん語る

ZZYC(ジーク)<br />
 さん語る
「タカミネのギターを手放しましたよ。弦高を低くしたりしていいギターだったんですけどね」

「今、生活は経済的に苦しいです。来月を乗り越えれば、楽になるんですけどね(苦笑)。今は食パンにマーガリンやマヨネーズつけて飢えをしのいでます(笑)」

「昔はこんなに喋れる人間じゃありませんでした。最近やっと自分の事を出せるようになりました」

ZZYC(ジーク)<br />
 さん語る
今日はイブニングケアで夜の8時まで開所でしたが、残ったのは、中年男子3名。

でも、しみじみ語り合えるし、こんな夜の時間があってもいいですね。

|

ミーティング

スペース杉田では、ミーティングが開かれることが多いかもしれません。かもしれない、というのは、他所の地域活動支援センターの活動の様子をよく知らないからなのですが・・・

今日のお昼前に、最近活動始めた<ぶらりウォーキング>サークルのミーティングがありました。

先日の第一回目の活動を踏まえて、これからどんな活動をしていくのかを話し合ってました。

次回の目的地はどこなのか? 当日小雨だったらどうするのか? 行く直前に具合が悪くなったら誰に連絡するのか?などなど、決めておくべきことは決めとかないとイケマセン。




ずーっと喋り続けていたサークル代表のHRさん。ミーティング終了後は、ちょっとお疲れの様に見えましたが・・・

|

第4回かながわNPO映像祭で最優秀賞

10日の日曜日、野毛のふりーふらっと野毛山という青少年交流センターで、<第4回かながわNPO映像祭>がありました。このイベントは、3分間のNPOの広報(的な)動画作品のコンクールです。写真は、ナレーションを担当したA子さん

(当日のプログラム)

今回は56編応募があり、事前審査で21編が選ばれての今日の本選会でした。

作品上映前の挨拶をするA子さん。堂々としたものでした

Photo_2

(私たちの作品のタイトルは、『ボランティアによる精神保健福祉活動』)

約2時間の全21作品の上映があり、審査発表となりました。

・・・そして、一番最後の最後で、名前を呼ばれました。

最優秀賞でした

喜ぶA子さんと、スペース杉田応援団のお二人

スペース杉田の日常風景やゆっくりいそごの理事のインタビューを、三分間に凝縮したこの作品、近いうちにWeb上で見られるようにする予定です。

|

宿泊研修と事務局会議


来週の金曜日に迫った宿泊研修の参加者ミーティングが午前中にありました。

今年度の宿泊研修は一泊二日の小旅行なので、移動も少なく、タイムスケジュールものんびりしています。それでも、不安な参加者はいらっしゃるので、メンバー実行委員や職員から丁寧な説明がありました。


午後には、スペース杉田を運営するNPO法人理事や職員による事務局会議がありました。
実行委員のお二人のメンバーが、宿泊研修中の夕食時での飲酒についての申し入れがありました。


みんな毎日薬を飲んでいますから、(過度の)飲酒がいい訳はありません。やっぱりそれなりの注意が必要です。

|

第1回ぶらりウォーキング

そんなに長距離ではない距離をぶらぶらと小さな観光をしながらみんなで歩こうよ!、という<ぶらりウォーキング>サークルの第1回の活動がありました。

ぶらりウォーキング

今回の目的地は、本牧三渓園。横浜市民には馴染みの深い場所です。

ぶらりウォーキング

コンビニで買ったお昼ご飯を池のそばで食べて、のんびり過ごしました。滞在時間は約2時間、4キロ程度は歩きました。

代表のHRさんの感想は、「のんびりできて楽しかったです!写真撮ったんでファイル作りますよ(笑)」

来週には振り返りミーティングをして、次回の目的地を決めるそうです。

|

幸せだな〜と最近感じたことは?

今日、天気予報ではさんざん「大雪の可能性」だったのが、結局小雨で済んだ横浜の磯子区杉田でした。

そんな天気に関係なく?午前中に<みんな聞いてよミーティング 幸せ編>がありました。

最近あなたが幸せと感じたことを話して下さい!


「明日は子供の誕生日です。生きてくれてるだけで幸せです」(50代男性)「先週から任意入院したんですけど、元気なんです(笑)」(30代女性)「6年ぶりくらいに友達がここ(スペース杉田)でできました。色々なことを話したり、食事に行ったり、良かったですね」(40代男性)「年末に親父が大腸癌の手術をしたんですけど、成功して嬉しかったです」(40代男性)「今日の夜一人で飲みに行きます。それが楽しみです」(50代男性)などなど、幸せの形は色々です。


入院中の精神科病院から外出で通所すると、病院がお弁当を出してくれるんですね。これが290円ナリ。食事がけっこう美味しいと評判のとある精神科病院のお弁当です。

|

「ちょっと寝すぎだと思うんです」

PM3:30 サンセットミーティング

「僕は12時間くらい寝てしまうんです。眠いんですよね。多分飲んでる薬のせいだと思うんですけど・・・まぁそれで体調がいいからいいんですけどね。でも、ちょっと寝すぎだと思うんです・・・今は仕事とかしてないからそれでいいかもしれないけど、仕事始めたら眠くてもやらなくちゃいけないし・・・ん〜どうしよう」(30代男性)

PM4:30 空模様が怪しくなってきました・・・

天気予報によると、明日は関東も大雪になるそうです。

|

<ぶらりウォーキング>サークル

2週間前のメンバーミーティングで、横浜市内や神奈川県域を一日かけて長距離を歩こう!という<スーパーウォーキング>サークルが設立されたと思ったら、今日のメンバーミーティングでは、月1回のペースで5キロ程度で市内の観光も兼ねた<ぶらりウォーキング>サークルが提案され、承認されました

これで、以前から活動している<ウォーキング>サークル、長距離専門の<スーパーウォーキング>、短距離でのんびり歩く<ぶらりウォーキング>と、3つのウォーキングサークルができたことになります。微妙にメンバーが重複しているのですが、のべ10人以上のメンバーが、歩くことになります。

<ぶらりウォーキング>の代表HR氏。しばらく「低空飛行」していたそうですが、これからは舞い上がるそうです。

・・・でも、こんな記事ばかり載せていると、スペース杉田ではみんないつも歩いてばっかり?と思われそうですが、そんなことはアリマセン(念の為

|

<告知>NPO法人ゆっくりいそご講演会のご案内

NPO法人ゆっくりいそご講演会vol⑦

『生きる 寄りそう』

●講師 柏木哲夫 氏
●日時 平成25年3月7日(木曜日) 14:00開場 14:30開演 16:00終了予定
●場所 磯子区民文化センター杉田劇場ホール
入場料 前売1000円 当日1200円(定員300名)

今回の講演会は、ホスピス医の第一人者として、約2500名の患者を看取られてきた柏木哲夫先生を講師にお招きします。現在、金城学院学院長の傍ら、ホスピスの経験をふまえ、主に「死について考えるこのと大切さ」をテーマに講演や執筆をされています。多くの末期患者とその家族をケアし、寄り添ってこられた経験から語られる、こころのふれあい、気持ちを理解することの大切さと難しさは、わたくしどもの活動のみならず、誰もが参考になると思います。

【著書】
『病める心からの解放』『病める心へのアプローチ』『「老いは」ちっともこわくない〜笑顔で生きるための妙薬』『ベッドサイドのユーモア学〜命を癒すもうひとつのクスリ』『「死にざま」こそ人生〜「ありがとう」といって逝く10のヒント』他多数

チケット発売中。お電話でもFAXでも受付中です!

スペース杉田 TEL&FAX 045-772-5641(お電話はAM9:30~17:00)

|

男だけのクッキング

今日の午前中は、見事に!男性ばかりのスペース杉田で、プログラムのcooking(調理実習)も男だけのcookingになりました。

メニューはハッシュドビーフでした。そして当然のように大盛り・・・

感想は、「とても久しぶりに料理しました!」「想像以上に美味しかったので、良かったです!」「スムーズに終わりました」等々でした

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »