« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

今年最後の日


今年最後の日は、恒例の大掃除でした。今年の汚れは今年のうちに。テーブルも移動して、床も綺麗にします。

喫煙コーナーの担当は、やっぱりヘビースモーカーの皆さんです

午後2時過ぎには終了し、前田理事長を囲んでのお茶会です。これも毎年恒例の楽しい一時です。

それでは、来年が皆様にとって良い年でありますように!

|

サンセットミーティング納め

今年最後のサンセットミーティング

毎夕のサンセットミーティングも今日が今年最後になりました。

あるメンバーが、「この一年を振り返れば、プラスマイナスすればまぁいい一年だったのかなぁ」と・・・

来年も、まぁいい一年でありますように!

|

歩き納め

歩き納め

今年もあとわずかになりました。北風の吹くとても寒い午後でしたが、ウォーキングサークルの今年の歩き納めがありました。

目的地は山下公園。歩けば体も暖かくなる、ということだったのですが・・・全然ならないわけで「寒い寒い」と言いながらのウォーキングになりました。体の芯まで冷え切りました・・・

さて、来年からのウォーキングサークルは、目的地が山下公園や海の公園でもコースを変えて歩いたり、神奈川県下までバスなどを使って足を延ばしたりの名づけて<スーパーウォーキングサークル>を結成予定です!

|

クリスマスイブ

昨日はクリスマスイブでした 皆さんどう過ごしたのでしょうか?

「何にもありませんよ(苦笑)」「彼女と恵比寿ガーデンプレイスに行きました。オレンジジュースが650円でした。別に当たり前のフツーのオレンジジュースでした(笑)」「彼氏にワールドポーターズでバッグを買ってもらいました!」「彼氏から愛をもらいました」「お母さんとケーキを食べしました」「知り合いの教会に行きました。クリスマスの時期だけクリスチャンになります」「家でケーキを食べました」「何にもないです」「一人でのんびり過ごしました」「好きなクラシックの楽譜を買って、一人で食事して家に帰りました」「友達とサイゼリアでプレゼントの交換をしました」「部屋で一人で飲んでました(笑)」「家でまったり過ごしました」「別れた旦那とあっちこっち5時間くらい街を歩きました(笑)」・・・

過ごし方は色々ですが、メリークリスマス!

|

さんぽみちクリスマス演奏会

さんぽみちクリスマス演奏会
今年最後のギターサークルの演奏会が、栄区公会堂さんぽみちでありました。
さんぽみちクリスマス演奏会
司会でトップバッターのAさんは、可愛らしいサンタ姿で人生初の自作曲『一緒にいよう』を披露。出演者は10名の皆さんでしたさんぽみちクリスマス演奏会
終演後はミーティングです。緊張しすぎて練習の成果をあまり出せなかったメンバーに、「自分の為じゃなくてお客さんの為に、お客さんに喜んでもらう為に弾くんだ、と思うんですよ。そしたら気が楽になるし、自分の中のヘンなこだわりもなくなって緊張も大部なくなりますよ」と大ベテランのKさんから素晴らしいアドバイスがありました。

|

その後の詩の朗読サークル研究

その後の詩の朗読サークル研究
先月から「詩の朗読サークル」の活動を、大学の教員として研究しているKさんがいらっしゃいました。

私たちの活動は、どのように分析されて研究されるのでしょうか?

今日も何人かのサークルメンバーに、聞き取りをしていました。
その後の詩の朗読サークル研究
私たちの活動に注目するなんて、将来がとっても期待できるKさんです

|

ラー博の支那ソバ屋さんがAランク


今月のレクリエーションは、大体二年に一度のペースで提案される新横浜のラーメン博物館でした。

参加者の皆さんは、神奈川県で人気第一位を取ったことのある支那そばやに行きました。
美味しかったです!特にスープ!
グルメサークル代表のHさんが「A級ですね。私が言うんだから間違いないです。これはグルメですね」と偉そうにのたまわっていました

最近、食べ物の話題が多いスペース杉田です。

|

磯子クリスマス会

磯子区の精神保健福祉ボランティアグループ「磯子精ボ会」が中心になって催しているクリスマス会が、今年も磯子区役所集会室で開かれました。

そして、今年も二人のギターサークルメンバーが、クリスマスにちなんだオリジナル曲を演奏しました。

磯子クリスマス会
ギターサークル元々代表のHさんと工房タッチのKさん。

Hさんの、意志が弱くて結局飲んでしまうという「休肝日」という情けない歌(?)は、大ウケでした

磯子クリスマス会
クリスマス会恒例のビンゴゲームで、「六方向のリーチ状態」というかなり珍しい体験している苦笑いのHさん

|

グルメサークル

グルメサークル
久しぶりに、グルメサークルの活動がありました。

今日のお店は、関内の老舗のスペイン料理店。いつも味にうるさいサークル代表のHさんは、直前で調子が悪くなり不参加になってしまいました

参加したメンバーは理事を含めて女性ばかり。感想は、とにかく全員「美味しかった!」のみ。スペース杉田に残っていたHさんの残念がること・・・

一人ではちょっと行き辛い、ちょっとお高くても(本日はランチ1600円)とびきり美味しそうなレストランへみんなで行ってみよう!というグルメサークルの活動でした。

グルメサークル

グルメサークル

|

衝撃の事実が!

衝撃の事実が!
午後のhealthy&beautyプログラムで、衝撃の事実を知ることになりました。

今日は大きく分けて、3つのテーマでやりました。
①自分に必要なカロリーと食べ物と運動のカロリー
②飲み物に含まれる糖分
③回転寿司かるた

②飲み物の糖分は本当に衝撃的でした!
コーラ350ml缶1本に、珈琲用スティック砂糖が18本分、54グラムも入ってるとはっ身体に良さそうなスポーツ飲料にも11本分、33グラムも入ってるとは
③回転寿司も一見ヘルシーに見えて、案外あるんですね(-_-;)

もう、栄養士の高木先生のお話を聞くたびに驚嘆、ちょっとだけ…のつもりが最後まで参加するメンバーの多かったhealthy&beautyプログラムでした。

私たちの身体は、知らず知らずのうちに、砂糖漬けです・・・

|

来年3月7日(木)に柏木哲夫先生講演会(ゆっくりいそご講演会)

今年度のNPO法人ゆっくりいそごの講演会の詳細が、正式に決定しました。

●講師 柏木哲夫 氏
●日時 平成25年3月7日(木曜日) 14:00開場 14:30開演 16:00終了
●場所 磯子区民文化センター杉田劇場ホール
入場料 前売1000円 当日1200円(定員300名)

今回の講演会は、ホスピス医の第一人者として、約2500名の患者を看取られてきた柏木哲夫先生を講師にお招きします。現在、金城学院学院長の傍ら、ホスピスの経験をふまえ、主に「死について考えるこのと大切さ」をテーマに講演や執筆をされています。多くの末期患者とその家族をケアし、寄り添ってこられた経験から語られる、こころのふれあい、気持ちを理解することの大切さと難しさは、わたくしどもの活動のみならず、誰もが参考になると思います。

【著書】
『病める心からの解放』『病める心へのアプローチ』『「老いは」ちっともこわくない〜笑顔で生きるための妙薬』『ベッドサイドのユーモア学〜命を癒すもうひとつのクスリ』『「死にざま」こそ人生〜「ありがとう」といって逝く10のヒント』他多数

チケット発売開始しました。お電話でもFAXでも受付中です!

スペース杉田 TEL&FAX 045-772-5641(電話はAM9:30~17:00)

|

ゆっくりたより

ゆっくりたより

スペース杉田には『杉田文学』と『杉田スポーツ』がありますが、スペース杉田を運営しているNPO法人ゆっくりいそごには『ゆっくりたより』という会報誌があります。『ゆっくりたより』は年に2回ペースで発行されています。


今日は、スペース杉田の事務局会議の後に、編集担当の理事が集まり、『ゆっくりたより』第4号発行のための打ち合わせがありました。

発行予定は、来年三月。今年度の様々な活動を振り返る内容になるそうです。

|

人がいるから・・・

スペース杉田に入って4か月のSさんです。

最近はほぼ毎日朝からいらっしゃってます・・・

「やっぱり人ですね。人がいるからここに来てますね。一人で部屋にいてもつまらないですから・・・居心地はいいです。みなさん暖かいですね。正月はHさん(友人)と寒川神社に行って韓国料理を食べに行きます。楽しみですね(笑)」

|

北朝鮮がミサイルを発射

今日もなんとなくついていたテレビからびっくりするようなニュースが飛び込んできました。なんと北朝鮮がミサイルを発射したとか・・・

「怖いです・・・」「だから自民党がいうように国防軍を作らなきゃダメですよ」「なんでこんなことするの?」 ・・・午前中、まばらにいたメンバーはこのニュースに凍りついたのでした。

もっとも、その後しばらくして放送された都知事選立候補者の政見放送には大爆笑

スーパーマンの格好した中年のオッサンさんが「スマイル!」とかなんとか訴えていました。世の中には色んな国や人がいます。

/////////////////////////////////////////////////////////

〜お知らせ〜

今年度のNPO法人ゆっくりいそごの講演会が決定しました。
●講師 柏木哲夫 氏
●日時 平成25年3月7日(木曜日)開演午後2時30分〜
●場所 磯子区民文化センター杉田劇場ホール
●入場料 前売1000円 当日1200円(チケットは近日中に発売開始予定です)

今回の講演会は、ホスピス医の第一人者として、約2500名の患者を看取られてきた柏木哲夫先生を講師にお招きします。現在、金城学院学院長の傍ら、ホスピスの経験をふまえ、主に「死について考えるこのと大切さ」をテーマに講演や執筆をされています。多くの末期患者とその家族をケアし、寄り添ってこられた経験から語られる、こころのふれあい、気持ちを理解することの大切さと難しさは、わたくしどもの活動のみならず、誰もが参考になると思います。

【著書】
『病める心からの解放』『病める心へのアプローチ』『「老いは」ちっともこわくない〜笑顔で生きるための妙薬』『ベッドサイドのユーモア学〜命を癒すもうひとつのクスリ』『「死にざま」こそ人生〜「ありがとう」といって逝く10のヒント』他多数

|

29年ぶりの12月の国政選挙

29年ぶりの12月の国政選挙

今日はイブニングケアの日でしたが、6時を過ぎて残っていたのは男性メンバーHさんだけでした。

6時のNHKニュースを見ていると、今度の選挙は29年ぶりの師走の国政選挙だとか。

Hさん、ニュースを見ながら、「いや~この29年前の12月の選挙の時にボクは発病したんですよ(笑) 最悪の状態でね。確か投票日の前の土曜日におかしくなったんです。あれが悪夢の始まりでした(笑) でも、そんなによく憶えてないんですけどね・・・そのあと入院したら、病棟にクリスマスの飾りがあったから看護士さんに聞いたら、「クリスマスのパーティがあったのよ」なんて言ってたから、多分ほんとに年末の入院だったんですよ。それで、病院で年を越しました」

|

第8回ベイサイド杯ボウリング大会

ボウリング大会

今年もNPO法人ゆっくりいそご(スペース杉田)主催のボウリング大会が新杉田ボウルでありました。

今回も磯子区や近隣区の福祉事業所や精神科病院デイケアに声をかけ、86名のメンバーが参加しました。

今回は200まであと僅かな高得点スコアを出した人もいて、全体的にハイレベルな戦いでした。

ボウリング大会

表彰式最後の記念撮影。団体部門で初優勝した舞岡病院デイケアチームのおじさまメンバー達は、大喜びで優勝トロフィーを持ち帰りました

(他に、工房タッチ、シャロームの家、青い鳥作業所、すぺーす海、エールクリニック、ヒューマンフェローシップ、磯子区生活支援センター、ミモザ、ひばり富岡の皆さんが参加してくれました)

|

ラーメンサークル結成

食べることに関しては、既にグルメサークルがあるスペース杉田ですが、遂にラーメンサークルが結成されました。グルメはどちらかと言うと値段が高い瀟洒なお店に行くことを目的にしていますが、さすがにお財布が厳しいというメンバーも多いです。その点、ラーメンならば千円以下で食べられる庶民のメニューです。

今日の記念すべき第1回の活動は、磯子の名店壱六屋さん。5名のメンバーが集まりました。

出発前に、サークル代表より、ラーメン屋さんについてのレクチャーがありました。「麺は固め柔らかめ、油は少なめ、とか注文の方法があるんですよ」

ラーメン好き四人衆です。今日は参加できませんでしたが、グルメな職員や理事もメンバーです。

|

「最近の私は」初登場

初登場のYさんです。レクリエーションの提案や「国語サークル」で活躍中です。

最近の調子はどうですか?

「そうね〜夕食時の薬を飲むと、眠くなります。寝る前の8時の薬を飲むともう眠くて眠くて爆睡してしまいます。先生によると、眠剤と抗精神薬のバランスが取れてるそうです」

今日は国語サークルで何をやったんですか?(Yさんは、国語サークルの副代表です)

「Hさんと一緒に本を読んでました。50分読んで10分休憩、というペースがちょうどいいんです」

すでに初詣の行先に頭を悩ませているYさんです

|

「この病気で、悪い人はいないですよ」

この病気で、悪い人はいない
病気になって来年で「30周年」(本人談)というKさんです。なんとなく、話が精神障害者について、になりました。

「あんまり世の中では良く思われていないみたいだけど、この病気の人で、悪い人はいないですよ・・・ホントそう思います。僕はK香病院に20年近くお世話になってますけど、僕より上で30年近くいる主みたいな人が言ってました『みんな優しいから傷ついて病気になっちゃった』って」・・・

〜お知らせ〜

今年度のNPO法人ゆっくりいそごの講演会が決定しました。
●講師 柏木哲夫 氏
●日時 平成25年3月7日(木曜日)開演午後2時30分〜(予定)
●場所 磯子区民文化センター杉田劇場ホール
●入場料 前売1000円 当日1200円(チケットは近日中に発売開始予定です)

今回の講演会は、ホスピス医の第一人者として、約2500名の患者を看取られてきた柏木哲夫先生を講師にお招きします。現在、金城学院学院長の傍ら、ホスピスの経験をふまえ、主に「死について考えるこのと大切さ」をテーマに講演や執筆をされています。多くの末期患者とその家族をケアし、寄り添ってこられた経験から語られる、こころのふれあい、気持ちを理解することの大切さと難しさは、わたくしどもの活動のみならず、誰もが参考になると思います。

【著書】
『病める心からの解放』『病める心へのアプローチ』『「老いは」ちっともこわくない〜笑顔で生きるための妙薬』『ベッドサイドのユーモア学〜命を癒すもうひとつのクスリ』『「死にざま」こそ人生〜「ありがとう」といって逝く10のヒント』他多数

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »