« 磯子区精神保健ボランティア講座 | トップページ | 東海道弥次喜多サークル最終回 其の弐 庄野~関編(10月31日) »

弥次喜多サークル最終回 其の壱  桑名~庄野(平田町)編

初日2

東海道弥次喜多サークルの最終回が始まりました。参加メンバーは、今回初参加のMさん(30代男性)とHさん(30代女性)。そして、日本橋からのルートを全て踏破しているYさん(30代男性)。スタッフは、三島~沼津間以外は踏破しているボランティアのUさんに、全踏破コンビの男性職員2名です。

今回の活動で始まる前からひと安心したことは、天候が安定していることです。週間天気予報には全てマークが付いていました! 雨の中を歩く辛さは、前回(4月20日~24日)イヤという程味わいましたが、それはそれは修行のような辛いものなのです。

さて、今日は昨晩に着いた桑名からスタート。朝食を済ますと、午前8時半にホテルを出発した。

初日2

前回から使い始めたiPhone。旧東海道の道筋を正確に教えてくれるアプリが便利なのですが、GPS機能を使うとバッテリーの消耗が激しくなるのがたまにキズです。

初日2

久しぶりの東海道ということでウキウキです。しかも今回のゴールは三条大橋です!

初日1

この「飛び出し注意」の坊やは、三重県と滋賀県では有名です(以前にタモリ倶楽部で紹介されていました)。旧東海道は国道1号と平行している場合が多く、車の出入りが激しいので、路地のあちらこちらで見かけました。

初日1

四日市へ向かう国道1号。

初日1

湾岸は中京工業地帯。四日市へ向かいます。昔は「四日市ぜんそく」が有名でした・・・

初日1

お昼時に四日市駅周辺の商店街に入りました。今までシャッター商店街が多い中、ここは賑やかでした。

初日1

夜は居酒屋になるお店の格安ランチを食べました。

初日1

徐々に四日市市内を抜けていきます。

初日1

庄野(平田)を目指し、内陸に入りました。

初日1

ここら辺りで、Mさんが足の裏の痛みを訴えるようになりました。今年の夏は富士山を楽々制覇し、直前の長距離ウォーキングでも健脚振りを見せたMさんなのですが・・・

しばらくすると、このような状態になりました。なんとMさんの両足は豆だらけ・・・なんと履いてきた靴は、出発の3日前に買ったばかりのものだったのでした・・・

これ以降は休み休み歩き、Mさんの荷物は仲間が持ち、ゆっくりと進みました。

東海道(国道1号)から、ホテルのある平田町に向かう頃には暗くなってしまい、おまけににわか雨も降ってきました。ので、写真どころではありません。

初日1

午後6時30分頃に、近鉄平田町駅前に到着しホテルに入りました。その後すぐに近くのショッピングセンターに向かいました。

初日1

Mさんの新しい靴を買いに行ったわけです。Mさんの足裏は豆がひどく、腫れている部分もありました。比較的柔らかい軽い靴をみんなで探しました。みんなMさんが心配でした。でも、そのみんなの足にも、しっかり豆ができていました・・・

<本日の推定推定歩行距離34km>

|

« 磯子区精神保健ボランティア講座 | トップページ | 東海道弥次喜多サークル最終回 其の弐 庄野~関編(10月31日) »

サークル活動」カテゴリの記事