« 超長距離ウォーキング | トップページ | 悲しい知らせ »

Hさんの詩集

Hさんの詩集
今日の午後に、近くのケアプラザの部屋を借りて<幻聴サークル>の活動がありました。そこへ、久しぶりのHさんがいらっしゃいました。

Hさん、かなり痩せてしまい、調子の悪いのがすぐにわかりました。

幻聴をテーマに語り合うサークルなのですが、Hさんはじっと目をつぶり、ほとんど発言もありませんでした。

一時間ほど経ちそろそろ終了かなという時、Hさんは「今日はこれを持ってきたんです」とバッグから詩集を4冊取りだし、「差し上げますから、読んで下さい」と四人に手渡しました。
Hさんの四冊目の詩集『光と、暗闇の狭間で、僕達は、生きているんだ。』(自費出版)でした。

Hさん入魂の最新詩集です。

|

« 超長距離ウォーキング | トップページ | 悲しい知らせ »

仲間」カテゴリの記事