« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

東海道弥次喜多サークル最終回 其の弐 庄野~関編(10月31日)

二日目が始まりました。天気は晴れ、これが何より嬉しいです。

初日2

鈴鹿ストーリアホテルを朝8時にスタートしました。今日の予想歩行距離は、16キロ~20キロ。ちょっと気が楽ではありました。

初日2

全行程踏破のYさん。少々肌寒いのですが、Tシャツです。

初日2

まずは(現)国道1号を進みます。

初日2

旧東海道に入ると、庄野宿の古い町並みが続きました。

二日目

しばらくして、Mさんがやはり足の裏の激しい痛みを訴えました。昨日ダメージを負った足で歩き続けることは、急遽昨晩買った新しい柔らかい靴を履いてもやはり無理なようでした。

Mさんと話し合い、Mさんは一人で明日の朝横浜へ帰る、という結論になりました。非常に残念でしたが、仕方ありません。横浜と連絡を取り合い、Mさんの宿や新幹線の切符のキャンセルしました。

二日目

運良く近くだったJR井田川駅から電車に乗り、本日の宿泊先に先に向かうことになったMさん。

二日目1

陽気なMさんがいなくなりちょっと寂しくなりましたが、歩き続けなくてはなりません。

二日目1

亀山駅前。シャープのテレビの亀山モデルで有名です・・・が、駅前は寂れていました。シャープの工場も撤退するとかしないとか・・・

二日目1

駅からほど近い空き地(地方にはこういう空間があるのが嬉しいです)で、駅前で買ったパンを食べてから、歩き始めました。

二日目1

亀山の町は城下町らしい曲がりくねった細道や家並みが残っていて、雰囲気のある町でした。

二日目1

亀山インターチェンジ下を通る旧東海道・・・こういう空間を歩き続けていると、表現しようのない不思議な一種のトリップ感覚に浸ったりします・・・

関宿に入りました。

二日目1

関宿は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」(長い・・・)に選定された歴史的な町並みが残る江戸時代さながらの町です。

二日目1

平日でしたが、観光客の姿もチラホラありました。

今度の土日(11月3日4日)に街道祭りがあるようで、祭りの前の静けさ、という感じの関宿でした。

二日目1

本日の宿の国民宿舎関ロッジ。予定では午後3時過ぎには着くはずでしたが、途中離脱したMさんのホテルや新幹線のキャンセルの手続きで、予定が後ろにズレました。

電車で先乗りしていたMさんも交えての夕食タイム。国民宿舎だけあって、この料理込みでも料金は安めです。美味しかった

その後、部屋でミーティングをしました。明朝横浜へ帰る、ということになっていたMさんでしたが、やはり「歩きたい」という気持ちになったようです。

ただ、このような長距離を歩くことが分かっている活動に履きおろしのカジュアルシューズで参加した、という不注意さは、Mさんに確かにありました。Mさんは今まで丹沢や富士山登山、日頃のウォーキングにもしょっちゅう参加しているわけで、新しい硬い靴で長距離を歩けばどのようなことになるのかは分かっていたはずです・・・加えて、既にキャンセルした宿や新幹線の手配を横浜の職員にまたお願いすることになります。

平身低頭のMさん(かなり演技が入ってます 念の為)。せっかくこちらまで来て、途中で帰るのもそれはそれで大変です。せっかく一緒に来たのだし、話し合いの結果、あと2日間は電車を使って宿に先乗りして休養して、最終日の草津~京都三条大橋区間に参加する、ということになりました。

それにしても、一見普通のカジュアルシューズなのに何故健脚のMさんが歩けなくなるほど両足を痛めたのか・・・それは謎でした・・・

<本日の推定歩行距離22km>

|

弥次喜多サークル最終回 其の壱  桑名~庄野(平田町)編

初日2

東海道弥次喜多サークルの最終回が始まりました。参加メンバーは、今回初参加のMさん(30代男性)とHさん(30代女性)。そして、日本橋からのルートを全て踏破しているYさん(30代男性)。スタッフは、三島~沼津間以外は踏破しているボランティアのUさんに、全踏破コンビの男性職員2名です。

今回の活動で始まる前からひと安心したことは、天候が安定していることです。週間天気予報には全てマークが付いていました! 雨の中を歩く辛さは、前回(4月20日~24日)イヤという程味わいましたが、それはそれは修行のような辛いものなのです。

さて、今日は昨晩に着いた桑名からスタート。朝食を済ますと、午前8時半にホテルを出発した。

初日2

前回から使い始めたiPhone。旧東海道の道筋を正確に教えてくれるアプリが便利なのですが、GPS機能を使うとバッテリーの消耗が激しくなるのがたまにキズです。

初日2

久しぶりの東海道ということでウキウキです。しかも今回のゴールは三条大橋です!

初日1

この「飛び出し注意」の坊やは、三重県と滋賀県では有名です(以前にタモリ倶楽部で紹介されていました)。旧東海道は国道1号と平行している場合が多く、車の出入りが激しいので、路地のあちらこちらで見かけました。

初日1

四日市へ向かう国道1号。

初日1

湾岸は中京工業地帯。四日市へ向かいます。昔は「四日市ぜんそく」が有名でした・・・

初日1

お昼時に四日市駅周辺の商店街に入りました。今までシャッター商店街が多い中、ここは賑やかでした。

初日1

夜は居酒屋になるお店の格安ランチを食べました。

初日1

徐々に四日市市内を抜けていきます。

初日1

庄野(平田)を目指し、内陸に入りました。

初日1

ここら辺りで、Mさんが足の裏の痛みを訴えるようになりました。今年の夏は富士山を楽々制覇し、直前の長距離ウォーキングでも健脚振りを見せたMさんなのですが・・・

しばらくすると、このような状態になりました。なんとMさんの両足は豆だらけ・・・なんと履いてきた靴は、出発の3日前に買ったばかりのものだったのでした・・・

これ以降は休み休み歩き、Mさんの荷物は仲間が持ち、ゆっくりと進みました。

東海道(国道1号)から、ホテルのある平田町に向かう頃には暗くなってしまい、おまけににわか雨も降ってきました。ので、写真どころではありません。

初日1

午後6時30分頃に、近鉄平田町駅前に到着しホテルに入りました。その後すぐに近くのショッピングセンターに向かいました。

初日1

Mさんの新しい靴を買いに行ったわけです。Mさんの足裏は豆がひどく、腫れている部分もありました。比較的柔らかい軽い靴をみんなで探しました。みんなMさんが心配でした。でも、そのみんなの足にも、しっかり豆ができていました・・・

<本日の推定推定歩行距離34km>

|

磯子区精神保健ボランティア講座


今日は区内の地域活動支援センターの職員による施設紹介と質疑応答でした。

今年は昨年の倍近くの受講生がいるそうです。この中からスペース杉田に実習にいらっしゃる方がいるかもしれません

来週は、この講座の当事者発表です。スペース杉田からは2名のメンバーが出席します。既に二回練習して、明日は第三回目もやります

|

東海道弥次喜多サークル最終回


古の東海道を日本橋から歩いてしまおう!という2008年にスタートした弥次喜多サークルも、13回目ついに最終回を迎えました。

今回は、桑名から4泊5日で最終ゴールの京都三条大橋まで歩こうというスケジュールです。ただ、朝9時前には歩き出したいので、桑名には今夜から前乗りすることにしました。

今回の参加者は6名。メンバーは3名で、うち1名のYさん(30代男性)は、日本橋からのルートを全て制覇しています。


こちらは、見送り組。今回は、土曜日到着予定の三条大橋で、メンバーの彼女や奥さん、理事や職員が迎えてくれる予定になっています。

|

さんぼみち演奏会


今回のギターサークル演奏会は、お客様がとても多くて予備のテーブルと椅子を用意しなくてはいけない程でした。

トップバッターは、ギター歴が一年未満で、人前で弾き語りをするのが二回目というA子さん。大好きなスピッツの曲を演奏しました。
終了後のミーティングでは、「全然あがってなかったね」「堂々としてて驚いた」と言われてたA子さんですが、ホントにあがってなかったのかな?


二番手は、一年ぶりに登場のさんぼみちスタッフのTさん。今回も渋い演歌を聞かせてくれました。北国の歌が好きなTさんです。住んでいるグループホームの職員さん達も応援に来てました

最後は、初登場のケーナ奏者のAさん。Aさんは、8月の<花花カフェ>での演奏会で知り合いました。中区の<百合の樹>のメンバーです。


なんと10曲も演奏してくれたAさん。ケーナのことになると、終演後も瞳を輝かせて熱く語っていました

|

詩の朗読サークル

夕方、新杉田ケアプラザの地域ケアルームで、詩の朗読サークルの活動がありました。

一人づつ2分以上3分以内の自作詩一篇を朗読し、みんなの感想をもらう、といういつものスタイルです。

今回の参加者は8名とちょっと少なかったのですが、あっという間の1時間半でした。

時には辛辣な批評もありますが、あくまでも作品に対する批評であって、終われば皆さん笑顔でお帰りになりました

|

悲しい知らせ

栄区のYさんが亡くなった、という悲しい知らせがありました。

Yさんはスペース杉田のメンバーではありませんでしたが、もう何年も前からギターサークルの演奏会にたまに出演して頂き、美声を披露してくれました。桜木町の健康福祉センターのホールで『涙そうそう』を三人組(職員さんがギターで、女性メンバーとのデュエットでした)でトリで歌った時は、客席から拍手喝采を浴びていました。

栄区の生活支援センターをよく利用している、ということ以外にご本人のことはあまり知りませんでしたが、たまに会うYさんはいつも穏やかで、礼儀正しい人でした。

お付き合いが始まった頃から、何故かご本人がオカマキャラが好き、ということで、『スギタの帝王2』というビデオ映画をスペース杉田で作った時にスナックのオカマの店員の役をお願いしたら、二つ返事で引き受けてくれました。
撮影は終始笑いの絶えない思い出の一時です。

Yさんのご冥福を心よりお祈りします。

|

Hさんの詩集

Hさんの詩集
今日の午後に、近くのケアプラザの部屋を借りて<幻聴サークル>の活動がありました。そこへ、久しぶりのHさんがいらっしゃいました。

Hさん、かなり痩せてしまい、調子の悪いのがすぐにわかりました。

幻聴をテーマに語り合うサークルなのですが、Hさんはじっと目をつぶり、ほとんど発言もありませんでした。

一時間ほど経ちそろそろ終了かなという時、Hさんは「今日はこれを持ってきたんです」とバッグから詩集を4冊取りだし、「差し上げますから、読んで下さい」と四人に手渡しました。
Hさんの四冊目の詩集『光と、暗闇の狭間で、僕達は、生きているんだ。』(自費出版)でした。

Hさん入魂の最新詩集です。

|

超長距離ウォーキング

来週に迫った東海道弥次喜多サークル最終回(総歩行距離約130キロ)に備えて、2名の初参加メンバーがトレーニングの為に朝から長距離ウォーキングをやりました。

今日の目的地はJR逗子駅。ただし、スペース杉田から江ノ島を経由しての30キロを越えるルートです。

午前10時前に杉田をスタートし、まずは環状3号〜環状4号を通って大船駅を目指しました。半袖でそれほど暑くもなく風もない、歩くには気持ちの良い天候でした。

大船から江ノ島まではモノレールの下を歩きます。

江ノ島に着いたのは、午後2時を過ぎていました。地図上では杉田から約13キロなのですが、実際には万歩計では19キロありました。何という誤差でしょうか・・・

江ノ島近くの商店街の中をご飯処を探して歩いていたら、ちょっとしつこい海鮮のお店のオバサンに引っ張られてしまい中に入りました。カウンターの上には多くの芸能人の色紙が貼ってました。

生しらす丼1050円なり。生じゃないしらすも結構乗ってました・・・

江ノ島からは海沿いの134号線を歩きました(写真は稲村ヶ崎にて)。

二人のメンバーの歩くペースはほとんど落ちずにスタスタ元気に歩くのでした。

心霊スポットで有名な小坪トンネルを通りましたが、夕方なので別に怖くありません。

・・・目的地のJR逗子駅に着いたのは、午後6時でした。スタートしてから8時間、万歩計によれば約30キロのウォーキングになりました。昼食と休憩の時間を差し引いても、30キロはまぁまぁの速いペースです。

歩いたお二人は、「疲れたことは疲れたけど、まぁどうってことないよね」というような余裕の表情で帰路に着いたのでした。

|

横浜YMCAインターナショナルチャリティーランチ


(アンカーのHさんがゴールする瞬間)

今年で15回目になるという横浜YMCAチャリティーランに参加してきました。
毎年、横浜YMCAチーム5名のうち3名をスペース杉田の利用者さんから、という嬉しい依頼を頂いての出場です。

1人800メートルの短距離リレーで競うチャリティーランですが、ランナーは皆さんは真剣です。スペース杉田のマラソンサークル代表Hさんも、全力で走っていました。

今年も105チームの参加があり、盛会でした。インターナショナルなだけあっ外国人の方の姿も多かったです。

今回は高校の先生たちとチームを組みました。
「来年も頑張りましょうね!」と再会を約束して臨港パークを後にしたのでした

|

ソフトボール大会ベスト4への道 最終回

ついに毎年秋恒例のフレンドシップ杯ソフトボールの日がやってまいりました

会場は金沢区産業振興センターの敷地にあるグラウンド。朝方まで雨が降っていましたが、開会式の時間にはご覧の通りの好天気に恵まれました。

まずは準備体操。すぐに第一試合からわれらが<磯子ファイターズ>は<金沢区合同チーム>との試合を控えていました。

<金沢区合同チーム>は、正直言って今までに対戦してあまり負けたことのないチームでした。ところが!今回は新しいメンバー(金沢区のクリニックのデイケア利用者さん)が何人もお入りになったようで、まるで別のチームと戦っているようでした。特にピッチャーが経験者のようで、その球の速いこと速いこと・・・磯子ファイターズの快打線もタジタジの投球で、当たっても外野の定位置に飛んだりと、不運が続きました。

わがキャプテンKさんもこのピッチャーに苦しめられ、「球が低い位置に来ると、見えなくなっちゃうんですよ。これは打てません」と呆然としていました。

金沢区チームは打線も強力で、4回には9点も入れられ、結果14−5と負けてしまいました

仕方ないので「特別賞狙い(一回戦で負けたチーム同士のトーナメントです)で頑張ろうよ!」と皆で慰め合いました。

気を取り直して、特別賞トーナメントの初戦は、都筑区の<ハーベスト>。畑仕事をしている地域活動支援センターです。

どうも意気の上がらないKさん。ベンチでサークル仲間のOさんと話してばかりいました・・・

試合は、両チーム守備戦というより貧打戦という感じの内容で進みました。

最終回(45分の裏の回で終了)、2点取れば逆転だよ、なんて甘くみていました。1点も取れませんでした

ベスト4など夢のまた夢という現実を見せつけられた2試合でした・・・

Kさんもがっかり。でも「みんな頑張ったよなぁ」と・・・

監督(左)は「私は責任を取って監督を辞めます。横浜ベイスターズの監督の気持ちがわかりました・・・そして私は・・・現役に復帰します 監督はKUSAMAさんにやってもらいます」「え〜アハハ!それじゃまず綺麗どころを集めなくちゃ」とワケの分からないことを言うKUSAMAさんでした

閉会式。今年はグラウンドを吹く風が妙に冷たい閉会式でした・・・

今年も勝利の女神に微笑んではもらえませんでした。でも、キャプテンKさんの姿は、今年もまた美しい夕陽を浴びてキラキラと輝いていたのでした(終)

|

ドキュメンタリー映画

以前から延び延びになっていたドキュメンタリービデオ映画の撮影が始まりました。映画サークルとしては、久しぶりの長編作品の製作になります。

ドキュメンタリーなので、衣装やセットのようなものが必要ありません。何より作ったセリフがありません。あるのは、出演メンバーの顔と「想い」だけです。

以前劇映画を製作した時は三年以上かかりましたが、さて今回は何年かかるのでしょうか
監督(職員)によれば、「今年中には撮りきるぞ!」とのことです・・・

ドキュメンタリー映画 (撮影風景のイメージ。スタッフが少ないので、出演者が撮影にまわることもあります)

|

何度も手を洗ってしまう私

何度も手を洗ってしまう私
「最近強迫神経症が強くなってきて、何度も手を洗っちゃうんで、手の皮がボロボロになってきました。出かける時、鍵を閉めたかどうか家に戻ってしまうのはしょっちゅうだし、火の元の確認も何度もしちゃいます。それで家出るのが遅くなっちゃうんですよね。頭で馬鹿馬鹿しいと思っても止められない。ホント辛いです。先生に言ったら、薬を増やされました。でも、私もう脅迫神経症の症状抑える薬は、限界量なんですよね」・・・

|

新しくなった私!

新しくなった私!
Kさんが最近よくいらっしゃるようになりました。

Kさん、実は一年間でとってもお痩せになりました。と言っても、調子が悪くてスリムになったのではありません。内科の先生の指導を忠実に守り、歯をくいしばって食事療法を続けたのです(そしてこれからも)。
毎日の食事は決められたレシピ通りに作り決められた量を守りました。甘いお菓子などは一週間に一度(!) 甘いジュースは月にコップ一杯(!) コーヒーに入れるミルクは当然ご法度。さすがにZEROコーラは飲んでもOKだったそうですが。
この夏は、アイスクリームが食べたくて食べたくて仕方がなかったそうです。

Kさん、身体が軽くなって、気持ちの方にも大きな変化があったようで、これから色々チャレンジしたくなってきたそうです。


|

レクリエーションでバーベキュー!

レクリエーションでバーベキュー!
「今回は男性陣が大活躍。一番大変な火おこしを率先してやりました。
皆さん昔仲間同士や学童パパとしてよくやっていたそうです。中にはボーイスカウトで着火材や炭も使わずに小枝で火おこしできる人もいました。

序盤は皆さん空腹でまだかまだかと鉄板の食材を凝視!
これまたカボチャがなかなか焼けず、鉄板の周りは焼けるのを待つ人だかり

後半はお腹いっぱいで、みんな座り込んでしまい立ち上がる人がいません。肉が焼けても鉄板の周りは閑散としてました

皆さん楽しかった以上に美味しかったとの感想でした。
たまたま参加した実習生のお二人は、病院と職員さんが用意してどうぞじゃなくて、皆さんが自分で動いて楽しむんですね、私達も楽しかったです、と話してました」

以上、やっぱりお腹一杯に食べた女性職員の報告でした

|

ソフトボール大会ベスト4への道 その③

今日はレクリエーションで、海の公園でバーベキューでした。結構大勢の参加者がいましたが、何故か磯子ファイターズのキャプテンKさんは不参加でした。そして何をやっているかというと、去年のソフトボール大会の小さな写真集をじっと眺めていました。

(写真集の中のKさんのバッティング姿が映っているページ)
ご本人によれば、「いいフォームだなぁ」とのことです

バーベキュー不参加者は3名なので、室内は静かな午後が続きました・・・

煙草は吸わないKさんですが、喫煙スペースで職員さん相手に、熱望する自民党安倍政権について熱く語るKさん。

昼下がり、Youtubeでスポーツ映像をじっと眺めているKさん。パソコンは大の苦手ですが、スペース杉田のパソコンでYoutubeくらいはスイスイと見ることができます。

そして夕方になりました。今度は、金曜日の大会のトーナメント表をじっと見ています。

「ん〜これは、やっぱり生活支援センターチームの共食い状態ですね・・・でも、うち勝てるかな・・・また一回戦負けで、特別賞狙いのトーナメントになるかもなぁ」・・・と何故か弱きになってしまう野球一筋のKさん。金曜日の大会までしばらくテンションの高い日が続きそうです(続く)


|

久しぶりの「最近の私は」

久しぶりの「最近の私は」
ちゅーこさんはスペース杉田に入ると、富士山に何回も登りマラソン大会にも出場し映画作りにも参加して中田市長と一緒にテレビには出るわ<はまこい>も<スーパーよさこい>も参加して大勢の前で踊り、以下省略というある意味スペース杉田を代表するメンバーの一人です。

最近はちょっと不安定で、睡眠時間が短くなったり、テンションが上がったり、ということがあったそうです。

行動の早いちゅーこさんですが、なかなか決められない事もあるようで、しばらくはちょっと不安定な日々が続きそうです。

|

1001回目のブログ

1001回目のブログ
このブログを作ってきたスペース杉田のノートパソコンと携帯電話です。どちらとも古臭くなってきました・・・

たまに写真だけ載ってて文章がない時がありますが、どうかお許しを

ついでに、誤字脱字があってもお許しを

|

今日で1000回目

2008年9月7日に始めたこのブログも、今日で1000回目を迎えました。
さて、1000回目に相応しい?メンバーをご紹介しましょう。


体験期間中のMさんです。
Mさん、実はとある地域活動支援センターの所属でありながら、何年も前からスペース杉田のギターサークルのメンバーだったのでした。このブログにも何回か登場しています。

今回は、思うところあって、所属先の登録を抜いての体験通所となりました。

繊細なMさんですが、「スペース杉田がダメだったら、他を探しますよ(笑)」とのことでした。

|

横浜スタジアムで試合ができる!

横浜スタジアム
磯子区合同チームの<磯子ファイターズ>は、来月の上旬になんと横浜スタジアムでソフトボールの試合をやることになりました。

これを聞いたチームのメンバーや監督は「マ、マジですか!」「信じられない。夢のよう・・・」「絶対出ますよ!」「グラウンドの土を持って帰ります」等とみんな興奮を抑えきれない様子。

野球を少しでもかじったことのある人にとっては、横浜スタジアムのような場所で試合をするということはホントに夢のようなことです。

早くあのグラウンドに立ちたい!

|

結構楽しいフリマ


らびすた新杉田のフリーマーケットに、<ゆっくりいそご(の理事さんたち)>が出店しました。これは、一年に一度の恒例になっている活動です。

ゆっくりいそごのような小さなNPOは、スペース杉田の安定した運営のために、事業費を少しでも稼がなくてはいけません。

もちろん理事長の前田も参加です。お客さんとのトークがめちゃウマという噂です

|

中区精神保健ボランティア講座

 border=
横浜YWCAにある花花カフェで、中区精神保健ボランティア講座があり、スペース杉田のメンバー3名が、「スペース杉田での活動」と「自分自身」について話しました。

受講生や関係者で40名くらいの方たちがいらっしゃってたでしょうか。そんな大勢の前で喋る、これは結構大変なことです。ましてテーマは自分の事ですから・・・

幸い、発表は好評だったようです。

|

斎場での仕事

久しぶりにYさんが来所しました。Yさん、とある市営斎場での仕事の採用試験に通り(8月27日に紹介)、昨日までに8日間の研修を終え、これから本格的に仕事のシフトに入るそうです。

「8日間の研修で『敬語を使う』『休まないこと』『チームワーク』『コミュニケーション』『身だしなみ』なんかを勉強したんだけどさ。今まで単発のバイトばっかりで手続きが大変だったけど、今度は長期の契約だし、何より病気のことをオープンにして働ける。色々相談にものってくれるし。これはもう頑張るしかないと思うよ」

何かひと回り大きくなったようなYさん、頑張ってください

|

初秋

10月に入って4日目です。朝方はひんやりするようになりました。

でも、午後になるとまだまだ暑いんですね 長袖で来た人は「暑い暑い」とこぼしてました。

午後に、久しぶりの山下公園に向かって、ウォーキングサークルのメンバーが歩き始めました。あまりに暑いので、日陰を選んで歩きました・・・

今まで磯子駅や根岸駅で途中下車していた男性メンバーのYさんが、今日は初めて山下公園まで歩きました。さすがにちょっと疲れた様子でしたが、到着した時にはみんなで拍手しました 「明日は筋肉痛になりそうです」と笑うYさんでした。

|

最後のリハーサル

リハーサル

今週末の精神保健ボランティア講座での発表を控え、出演者三名が最後のリハーサルをしました(9月13日にもこのブログで紹介)。

発表する原稿は何回か直しがあり、ストップウォッチでその発表時間も調整しました。講座参加者からの質疑応答も想定して、たまたま近くにいたメンバーに質問を出してもらったりしました。おまけに、喋る時のマイクの角度まで確認しました。あんまりいいマイクでないので感度が悪いんですね

主催者の方には、当日は講座参加者が40人以上来るわよ〜と脅されているのですが、頑張りたいと思います。


|

ソフトボール大会ベスト4入りへの道③番外編

ソフトボール大会ベスト4入りへの道③番外編

10月に入りました。いよいよソフトボール大会です!
いわゆる野球好きの人というのは、グラウンドにいる時以外でもいつも野球のことを考えているのですね。やれ「巨人が勝った」「横浜はまたダメだ」などなど。


多分野球好きにおいてはスペース杉田では右に出る人がいないのが、わが磯子ファイターズキャプテンのKさんです。

今日もまた大会での打順や守備についてあれこれ思い悩み、何回も提案してくるKさんです

こちらは野球と全く関係ないMさんです。ネットの小泉進次郎サンの画像を見て、「俺にそっくりだぁ・・・」と喜んだのはいいのですが(つまりイケメンなんですね)、「・・・年齢もおんなじだよ。俺となんという違いなんだぁ!」と意味不明に凹んでしまいました。ですので、Mさんはスペース杉田党の青年幹事長だよ!とみんなに言われると、喜ぶMさんでした

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »