« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

初リンク

ネット上に興味深い記事がありました。世界初、統合失調症の貼り薬だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120727-00000582-san-bus_all

こちらは、先日、スペース杉田の利用者を対象にした「結婚・出産・育児」の講演をしていただいた旭区の和田さんの記事です。和田さん、頑張ってますね。

http://www.townnews.co.jp/0105/2012/07/26/152387.html

(携帯電話でご覧の方は、下の記事は見れないかもしれません。スミマセン。スマホでは両方見れるようです)

http://www.youtube.com/watch?v=9eZyCkJmkhE

↑こちらは、一昨年に<横浜市自殺予防シネアド映像コンクール>に出品した15秒の作品です。

|

あまりに素敵なので


午前はメンバーミーティングでした。

報告事項やこれからの予定などを話し合ったのですが、今年度の宿泊研修の話題になると、すっとHさんが「今年も宿泊研修実行委員長をやりたいと思います」と手を上げたのでした。

その手の上げ方があまりに素敵だったので思わずみんなで拍手して実行委員長就任を承認したのでした。

|

14回目のさんぽみち演奏会

さんぽみち
ギターサークルの定例演奏会がいつもの栄公会堂ふれあいショップさんぽみちでありました。

さんぽみち
本日の出演者は、工房タッチのKさん。オリジナル曲を交えて7曲の演奏とトークで、1時間弱のソロステージになりました。

さんぽみち
何年か前までは、たった1曲の演奏会でも強いプレッシャーを感じて出演をキャンセルしたこともあるKさんですが、最近では余裕と貫禄さえ感じさせるようになりました。
温和な人柄と確かなギターの演奏力で、サークルのお父さん的な存在になりつつあるKさんです。

今日は、座った椅子が高すぎて途中から演奏に集中できなくなってしまったそうですが、これからのいい課題になりました、と微笑むKさんでした


|

我が輩はゴキブリである


夕方には、詩の朗読サークルの活動が新杉田ケアプラザの地域ケアルームでありました。

前回のコンクール形式の小発表会から約一ヶ月、全員が新作をたずさえての活動になりました。

お一人、ゴキブリの見た目で現在の日本の社会を風刺した作品を朗読したメンバーがいました。それが『我が輩はゴキブリである』

作品も徐々にバラエティーに富んできました。

|

女性のこころとからだ

関内の横浜YWCAで、花花カフェ主催『女性のこころとからだ』という講座の2回目がありました。

女性のこころとからだ

今日のテーマは『女性のからだ』。講師は産婦人科医の早乙女智子先生です。
スペース杉田からは、二名の女性利用者と女性職員が参加しました。

女性のこころとからだ
後半は花花カフェで質疑応答。

参加者のほとんどが女性だったのですが、性についての切実な質問もあったそうです。


|

Sさん

Sさん
巨漢の心優しきSさんが、プログラムのデコパージュに参加するために久しぶりにいらっしゃいました。

久しぶりの理由は、お母様から家に居て欲しいと言われたからだとか。家庭内の事情で、Sさんが家にいるとお母様が落ち着くそうです。

家に引き込もっていないで外出して欲しい、と言われるメンバーはいるかもしれませんが、家に居て欲しい、と言われる人はもしかしたら少ないかもしれません・・・

もっとも異常な暑さの毎日、エアコンのきいた室内でのんびり読書などをする方が体にはいいかもしれませんね。ちなみに今SさんはA・C・クラークの『2001年宇宙の旅』を読んでいる最中だそうです。

|

(ほぼ)定点カメラより

AM10:00 『みんな聞いてよミーティング(幸せ編)』

PM2:30 『革細工』

PM3:45 『サンセットミーティング』

開所以来置かれているテーブルと椅子は、約20年近く、メンバーの様々な活動を文字通り支えてきたのですね・・・

|

オメデタイこと

2012_7_24

今日の昼食時間はとても大勢のメンバーが揃いました。でも、食後しばらくすると、あっという間にほぼ全員がスペース杉田からいなくなってしましました・・・

その理由は・・・スペース杉田のメンバー2人が今日めでたく入籍し、そのカップルのお祝いの会が午後に近所のカラオケ店であったのです。

幹事もメンバー、司会もメンバー、すべて自分たちで取り仕切って、2時間以上とても盛り上がった会になったそうです

|

三日間の実習

2012_7_23_2

またまた看護専門学校の実習生さんがいらっしゃいました。

今回の若いお二人は、三日間の実習です。学校のスケジュールの都合なのかどうかは分かりませんが、一日だけの学校もあります。

さて、三日間で何を感じて何を学ばれるのでしょうか? 頑張ってくださいね

|

豪雨のせいで

今日は午後1時すぎから大変な雨になりましたね

新杉田公園グラウンドでは、ソフトボールの練習だったのですが、キャッチボールを始めた途端に土砂降りの雨が・・・

雨は写真に写りにくいので、あえて地面を写しました。当然練習は中止して、早々に帰りました。

午後3時半からのギターサークルの練習も、欠席者が多く、3名だけ。でも、人数が少ない分だけ充実した練習ができました。

今月27日(金)の栄区公会堂さんぽみちでの演奏会に出演する工房タッチのKさん。繊細なアルペジオの響きが素晴らしいです

|

<告知>横浜YWCA 花花カフェ演奏会vol ②

スペース杉田ギターサークル
花花カフェ演奏会Vol②

●横浜YWCA1階花花カフェ

●2012年8月24日(金)午後1時30分〜3時30分終了予定

●入場料 300円(ドリンク付)

久しぶりの花花カフェでギターの弾き語り演奏会をやります♪ 出演は、サークルメンバーと仲間たちです。今回は、オリジナルの自作曲を披露します。

お楽しみに!

※出演者を若干名募集中です。

|

ヘルシー&ビューティ④

今日は今年度4回目になるヘルシー&ビューティプログラムの日でした。地域の体育指導員のBさんは、とっても元気が良く(当たり前ですね)、音楽に合わせてのストレッチ体操などをやりました。

昨日梅雨が明けた横浜は今日も30℃を超える猛暑で、部屋のエアコンを入れても汗が出てきました・・・

今日はこの<ヘルシー&ビューティ>に興味があるという南区の地域活動支援センターの所長さんも見学にいらっしゃいました。

|

関東地方梅雨明け

今日は雲一つない青空でした。気温は30℃を上回ると予想してたとは言え、暑かったですね

午後1時、予定通りウォーキングのメンバー7名は海の公園を目指しました。

歩いている途中で、誰かが「梅雨が明けたそうよ」と言い、それじゃもう夏なんだよね〜と納得しました。

|

福祉パス有料化へ

昨日月曜日の神奈川新聞を見て、驚きました。福祉パスが市の財政難のため有料化へ、と。福祉パス制度とは、70歳未満で福祉タクシー券の交付を受けていない障害者や児童扶養手当受給世帯が対象の無料乗車券です。市内を運行する民営・市営バス、市営地下鉄、金沢シーサイドラインで利用できます。

今日の昼食の前に、10名以上いた利用者に聞いてみましたが、まず、このニュースを知っている人は、たった2名でした・・・「驚いた」「本当ですか」「まさに晴天の霹靂です」「困ります」「これで外出の機会が減ると思います・・・」「よくわかりません」「別に構わないです」「ひどいです」等々意見が出ました。

2013年10月からを目指した有料化の金額は年3400円。一ヶ月あたり約270円の負担になります。この制度は、1966年からの横浜市の独自事業だそうですが・・・

|

イマージュISOGO 2012コンサートin杉田劇場

今年も磯子区の音楽サークル<イマージュISOGO>のコンサートが、杉田劇場大ホールでありました。

この音楽サークルの皆さんとスペース杉田は昔からつながりがあるのですが、今回はスペースのメンバーのTさんが、毎年このコンサートに出演しているダンススクールのメンバーの一員として1曲だけでしたが参加しました。

数年前、「はまこい踊り」と「スーパーよさこい」でお世話になった縁で、Tさんはそのダンススクールに一人で入ったのでした。

幼い頃にクラシックバレーを習っていたTさん(左)、踊ることが大好きなんですね

トリはPLUM'S。杉田劇場を満員にさせることができる磯子のスーパーBANDです。

イマージュISOGOのBOSSでPLUM'Sのベーシシストでレストランバルブのオーナーシェフでもある宮内さん。スペース杉田の頼もしい地域の仲間です。

夕方5時にスタートしたコンサートは、終始熱気に溢れた3時間の素晴らしいコンサートでした

|

昔はなかったです


午前のCookingお菓子編は、ティラミスを作りました。


・・・しかし、このティラミス、昔はこんなケーキと言うかお菓子はなかったよなぁ、と55歳男性がポツリ。

昔の日本にはティラミスとかミルフィーユだとかはありませんでしたよね。庶民が知らなかっただけなのでしょうか

生まれた時にはもうティラミスやナタデココがあった世代と、近所の駄菓子屋で着色料やチクロがいっぱい入った怪しいお菓子を買い食いしていた昭和世代が一緒に過ごしているスペース杉田です・・・

|

当事者ご夫婦による講演会

新杉田ケアプラザの多目的ホールで、精神障害当事者ご夫婦の講演会を開きました。


和田さんご夫婦です。お二人とも統合失調症をお持ちですが、結婚、出産を経て現在は育児の真っ最中です。

あちこちの精神保健フォーラムや福祉団体の全国大会でお話になったり、最近はNHKのEテレにも出演されていました。


テーマは『結婚・出産・育児』。恋愛中の独身メンバーが多いスペース杉田ですので、注目度は高かったです。


お二人の結婚、出産については、周囲の方々はことごとく大反対だったそうです。


そして今、六歳になるお嬢さんと三人で生活しながら、自分たちの現在進行形の体験を語ることに情熱を傾けているお二人です。

事前に集めたスペース杉田のメンバーからのたくさんの質問にも丁寧に答えて頂きました。

実際にはかなりの苦労を経験されたお二人ですが、飄々とした風貌のご主人からユーモラスに語られる体験談には、「精神障がいがある夫婦が、なんで子供作っちゃダメなのよ?」というメッセージが、突き抜けた明るさと共にありました。

終了後も熱心に質問しているメンバーもいました。

お二人は、旭区の生活支援拠点『ほっとぽっと』で、ピアスタッフとして働いていらっしゃいます。


|

CoCo壱番屋さんがやって来た!

今日のCooking(調理実習)は、CoCo壱番屋さんのスタッフと一緒に夏カレーを作るという特別企画でした。

CoCo壱番屋新杉田店の田中さんです。

最初に、ご挨拶いただきました。

こちらは、磯子区と横浜市の社会福祉協議会のお二人。地域の福祉施設との交流を積極的にやっていこうというCoCo壱番屋さんのお話を、お二人がスペース杉田に持ってきてくれたのです。

レタスを包丁で切る田中さん。もうそれだけで、「ホ〜」「さすがプロ」という声が

最近のクッキングでは格段に参加人数が多いので、二手に分かれて作ることに。

最近カレーづいているスペース杉田です

さあ会食タイムです!

さすがCoCo壱番カレーです。美味しかったです!!!


追加写真
(近所のスーパーでの買い物風景)

CoCo壱番新杉田店の田中さん、貴重な経験をありがとうございました。とっても楽しかったです 

|

自由なんです

スペース杉田では、毎日のプログラムについては、参加不参加は自由です。途中で止めてもいいし、途中からの参加も構いません。

今日の午後は『手芸工作』でしたが、写真手前の紫Tシャツの男性メンバーMさんは、一見作業をしているように見えますが、何もしていません! では何をしているかといえば、ずーっとしょうもないオヤジギャグを飛ばしているのです 

もう皆んな慣れたもので、Mさんが来ると笑いが絶えません。Mさんがもし作業など黙々と始めたら、皆んなMさんにこう声をかけるでしょう。「Mさん調子悪いの?」と。

ひとしきり皆んなを笑わせたMさんは、風のように去って行きました・・・

|

喫煙コーナーでも相談が

喫煙コーナーでも相談が
午前中は、職員が個別の相談を受ける「職員相談」の時間でした。

でも同時に、喫煙コーナーで、とある男子メンバーの悩みをとある男子メンバーが聞いてアドバイスしている光景がありました。

「薬を飲み続けてシンドイことを、全く知らない人に伝えるのはなかなかムツカシイね、でも言わなくちゃね」「・・・」

|

雨の日のサンセットミーティング

今日は一日中湿度がとても高くて蒸し暑い一日でした・・・

プログラムもないフリーの日だったので、メンバーは思い思いにのんびりと過ごしていました。

午後からは小雨が降ったり止んだりで、山下公園を目指したウォーキングサークルの皆さんは、根岸駅で引き返したようでした。

サンセットミーティングでは、自分の今朝の体調や、交際相手の家族のこと、100円ショップのバンドエイドのことなど話題は色々でした。


「バンドエイドにはお金はかけません。100円ショップでいいんです!」

|

昨日発刊『杉田文学12号』より

杉田文学

『幻聴と私』
   それは、突然のことだった。命令が下された。私は、その命令に従って生きた。朝起きた時から始まり、夜眠りにつくまで続く。一番癒しとなるお風呂場でも楽になることはない。頭の中常に支配されていたように思う。その時は、幸か不幸か「幻聴」という言葉を知らずに生きていた。
 
 そんな中、通院先で、ある一冊の本に出会った。それは、「正体不明の声」という本。読んだら、今まで自分が感じて生きていたこととリンクする事柄が・・・。「周りに人がいないのに、誰かの『声』が聞こえてくる。道路で見知らぬ人とすれ違うときや、知っている人がいない電車の中で、自分について話をしているのが聞こえてくることはありませんか?」などなど。私だけじゃないんだ。この感覚は、世の中に実際にあるんだ。
 
 でも、幻聴は自分の考えが生み出すものだと少しは認識できたが、心の中では理解不能である。今も、現在進行形で悩んでいる。そして、最近感じたのは、幻聴はあっても、自分が正しかったら、幻聴に左右されないで生きられるということだ。別に、幻聴と見破ったわけではないけれど、少しは楽に生きられそうだ。      

|

恋愛、出産、育児など

来週の水曜日(予定)に、精神障害のあるご夫婦をお招きして、「当事者同士の結婚、出産、育児」についての小さな講演会をやります。

今日はその日のために、事前に質問事項を出してもらうミーティングがありました。

(海の公園は、もう夏でした)

午後は音楽(カラオケ)プログラムと並行して、ウォーキングサークルが金沢区海の公園まで歩きました。朝から看護学校の実習生さんがお二人来ていたのですが、お一人が「こんな長距離歩いたことないです~」と笑顔で参加しました。

実習生さんの振り返りでは、スペース杉田の中でカップルが4組もあったり、他にも恋愛中のメンバーがいることに驚いていましたが、「別に普通のことですよね~」と納得していました。

|

あっ地震だ

地震
今日、午前中にグラッときましたね。

スペース杉田には、メンバーが四人(レクリエーションで何名かが外出中)と職員さん2名と昼食ボランティアさん2名がいました。

すぐに扉を開け、施設長から、火の元を消してテーブルの下に隠れるよう指示がありました。さすが防火管理者乙種取得者です(写真なんか撮ってる場合か、という声もありましたが)

どうしても去年の大地震が記憶にあるので、しばらくテーブルの下にいました。

地震

横浜市は震度3だったみたいです。グラッときた瞬間は怖かったですね。

|

「ぼちぼちやってます」

「ぼちぼちやってます」
Hさんがフラッといらっしゃいました。

Hさんは一応スペース杉田に籍はありますが、現在は磯子区から遠く離れた区のグループホームに住みながら別の地域活動支援センターに体験通所をしています。

Hさんが磯子区の実家を出たのは、高齢のご両親の事情でした。

スペース杉田に入ろうと体験通所をしている人をこのブログで紹介したことが何回かありましたが、反対にスペース杉田を離れようとしているメンバーもいらっしゃるわけです。

新しい住居と日中の通所先の感想を訊ねると、「ぼちぼちやってます」ということでした。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »