« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

今年度最後の日


平成23年は12月31日で終わりましたが、「平成23年度」は今日で終わりです。

昼間の気温は20℃ぐらいになると天気予報で言ってましたが、風が冷たいので暖かいのか寒いのかよく分からない一日でした。

年度の最後の日なので(?)、会計さんや職員さんが何やらソワソワしている夕方のスペース杉田でした。

|

詩の朗読サークル

午後に2ヶ月ぶりに「詩の朗読サークル」がありました。まだ始まって日の浅いサークルですが、今日はスペース杉田以外のメンバーが5人参加しました。

サークルの代表はマリさん。詩の同人誌にも参加し、大勢の人前での朗読も何回も経験しているスペース杉田を代表する詩人です。

メンバーの中には、久良木公園で日の出の動画をデジカメで撮りながら同時にラジカセでBGMを流しつつ自作の詩を朗読したという映像作品の発表をした人もいました。

サークルでは自作詩を朗読したい、というメンバーを募集中です

|

幻聴について語り合うこと

スペース杉田のサークル活動の中では異色の幻聴について語り合う「幻聴サークル」の活動が午後ありました。

3人の参加メンバーは限定しています。ここで話したことを他所で話してはいけません。だから、内容はブログには書けません。

でも、幻聴はとっても辛い症状ですがそれについて語り合うことは、気持ちが楽になることもあります。

ですから、幻聴サークルでは、笑いが絶えません。もちろん最初から笑いっぱなし、というわけではありませんが・・・

(活動場所は、近くのケアプラザの一室です)

|

ギターサークル演奏会inさんぽみち⑪

今日の出演者はスペース杉田の歌姫KAZUMIさんでした。

「夢の中で聴こえたメロディーにコードをつけて歌をつくる」という神業のようなことをやるシンガーソングライターです。また、そのギターコードも自分で音を拾って作るそうです。

約30分、全曲オリジナルのKAZUMIワールドに浸ることができました

「私が『姫』じゃないですよ~」と笑うKAZUMIさん。サックスも吹き、小説や詩も書き、おまけにアルバイトもこなす才能豊かなお方です

|

今年度最後のレクリエーションは、ちょっと豪華にミュージカル『キャッツ』の鑑賞に高島町のキャノンキャッツシアターに行きました。

この有名すぎるミュージカルをスペース杉田でも何人かのメンバーは観た事があるそうですが、今日の参加メンバーはミュージカル初体験の人がほとんどでした。

さて、感想は・・・舞台は素晴らしかったのですが、ストーリーがよく分からなかったそうです

|

今日の午後は

矢沢永吉命のMAKOTOさん(もうすぐ四十路)です。最近はウォーキングがある日にいらっしゃいます。

今日の午後は天気も良く、ウォーキング日和で、海の公園までの道程も爽やかでした。

一見こわおもてのMAKOTOさんですが、友達の家に泊まりに行くと、必ずホームシックになってしまって、どんな深夜でも歩いて家に帰ることになってしまうそうです。

また、映画好きなMAKOTOさんは、知的障害者がスターバックスで働くアメリカ映画『アイ アム サム』と『レインマン』を観ると、必ず大泣きしてしまうそうです。人を見かけで判断してはいけませんね

同じ午後、ギターサークルと新設の国語サークル(写真 奥)のメンバーが同時に活動していました。

しばらくすると、新杉田公園で練習していたテニスサークルのメンバーがドヤドヤと帰ってきました。

今日の午後は4つのサークルが活動していたことになりました


|

おめでたい報告

午前は2週に1回のメンバーミーティングでした。

いつもはスペース杉田のプログラムやサークル活動の報告や検討事項を話し合うメンバーミーティングですが、今日は最後にサプライズがありました。

なんと今日出席していたとある女性メンバーと男性メンバーが近いうちに一緒に住み始めるのだとか! おまけに、しばらくしたら籍を入れるのだとか!(まぁそれほど珍しくはない流れですが)

期せずして、二人にはお祝いの拍手が起こった朝のミーティングでした

|

ヘルシー&ビューティへの道は続く

4月から月1回のペースで活動していた「ヘルシー&ビューティ」プログラムも、今日で今年度最後になりました。

ダイエット、メタボ解消など健康で美しくなることが目的のこのプログラム、果たして参加したメンバーは一年でどう変わったのでしょうか? イヤイヤ、結果よりも、「そうありたい」と意識することが大事なのかもしれません。

来年度も金子先生はじめ、栄養士さん、地域の体育指導員さん、同じメンバーで私たちのヘルシー&ビューティを支援していただきます。よろしくお願いします!

|

サンセットミーティングより

「さっきまで革細工(プログラム)を久しぶりにやったんですけど、やっぱり集中すると疲れちゃいますね・・・目がね、薬飲んでるし・・・なんにでも集中すると疲れちゃいます」

|

至福の時②

今日は磯子のボランティアグループ「磯子精ボ会」の皆さんの昼食サービス(300円)でした。

メニューはチラシ寿司と煮物とお吸い物。

器やお皿の上の盛り付けと彩りに、幸せを感じた午後だったのでした。

|

3・11大震災から一年

・・・「復興復興って言うけど、全然復興できていないと思う」「ガレキを東京都が受け入れるって言ってるけど、東京だけじゃねぇ・・・どうするのかしら」「テレビで信じられないようなことが起きたっていう感じがして」「その日は横浜にいたから被害はそれ程でもなかったし、東北に知り合いがいるわけじゃないし。実感があまりないんです」「東京電力の元社長はほんとに何億もの退職金をもらったんでしょうか。そうだとしたらヒドイ話ですね」(9日金曜日にいた皆さんに聞きました)

|

至福の時

月に8回ほどボランティアの皆さんに昼食を作っていただきます(300円)。

「300円でこれだけ食べられるなんて!」と毎回楽しみにしているメンバーも多く、昼食サービスの午後は出席率が高いのがその証拠です。

今日は人気メニューの「鶏のクリーム煮」でした。これが美味しいんですよ。まさに至福の時 

作者のお二人です

|

津久井浜散策

Fw:blog用

レクリエーションで三浦の津久井浜まで行ってきました。実は2月に2回諸事情で延期なっていたレクでした。

イチゴ狩りにも寄ったそうで、みんな真剣に食べていて、暫し無言。目付きが違う方もいたそうです

長いと考えていた30分間もあっという間で、皆さんスーパーで買ったのと違って甘くて美味しかったとのことです

|

ひきこもり~リカバリーへの支援を考える~

NPO法人ゆっくりいそごの第6回の講演会が、磯子区公会堂集会室でありました。

テーマはひきこもり。この分野では専門の東洋大学の白石弘巳先生をお迎えしました。

「歪みのない社会であれば、ひきこもりは減ると思います」

|

国語サークル誕生

隔週の月曜日午前に、活動事務ミーティングがあります。2週間の活動の報告と予定が確認され、スペース杉田内での活動やルールについて話し合われます。

今日は、風邪気味のMさんが、「国語サークル」の設立を提案しました。

サークル活動は職員を入れて3名集まれば成立します。活動の内容と目的などがハッキリしていればOKです。この活動事務ミーティングで承認されてから活動がはじまります。

「国語サークル」は、漢字を書かなくなってしまったなぁ~、というメンバー3名が、小学生の漢字ドリルのようなものを自分たちで用意して勉強しよう!というサークルだそうです。

|

スペース杉田のスマホ事情

スペース杉田のスマホ事情
去年の秋くらいから大ブームになっているスマートフォンですが、スペース杉田の中ではどうなんでしょうか?

現在確認できるところでは、利用者では3名、職員は2名が使い始めています。プログラムの講師さんやボランティアさん、運営法人の理事で持っている人はゼロのようです。

「よく分からない」「使うのが難しそう」「値段が高そう」「俺はいい」「私はiホン(本? スケージュール帳のことみたいです)があるからいい」「iPhonは国産スマホに比べるとかなりいいみたいですが、それでもバッテリーの持ちが悪いです」「私のスマホにはテンキーもついてます」・・・いろんな声が聞こえています。

(写真はスマホ歴1年のIさん。スマホを使い始めると、『ガラケー(従来の携帯電話)には戻れません』とのこと。mixiもやってるそうです)

|

グルメサークル 巨大白玉編

2、3ヶ月に一度、みんなで美味しいものを食べに行こう!というグルメサークルの活動が午後ありました。

本日の目的地は、古都鎌倉の超人気店の茶房Kさんです。

全員「白玉(クリーム)あんみつ」を注文しました。

こういう活動はやっぱり女性の参加者が多いわけです。

そんな中で唯一男性として気を吐くサークル代表のHさん。味と値段にうるさい御仁です。

このお店の白玉はとても大きくてお腹がいっぱいになります。味の評価は、それぞれなので内緒にしときます。

でも、みんな満足そうな顔してますね

帰りは銭洗弁天に寄りました

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »