« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

平成23年度神奈川県精神障害者バレーボール大会

今年もバレーボール大会が大和スポーツセンターでありました。

スペース杉田チームはもう6年か7年連続出場です。大きな精神科病院のデイケアチームが多い中、単独の事業所で出場するのはなかなか大変です。

一試合目は、横浜相原病院の<相原レインボーズ>。11−18、15−11、14−15という大接戦で勝利を勝ち取りました

2戦目はさいとうクリニックの<チームさいとう>。全国大会にも出場したことがある強豪です。応援団も賑やかでした。試合前の練習では、長身のアタッカーがビシバシとコートにボールを叩きつけているのを見て・・・「ん〜やっぱり凄いチームだ・・・」とビビッてしまいました。

しかし、戦うしかありません。試合は始まりました・・・・

・・・<チームさいとう>は凄いです。15−6、15−4で負けました。レベルの差というものを見せつけられました。

しかし、これはもう勝ち負けではなく、<チームさいとう>相手によく6点も取れたなぁ、という満足感を感じることができたのでした

恒例のスポーツセンターロビーの裸像の前での記念撮影。

今年も2戦目で敗れましたが、来年は2勝したいものです。

|

久しぶりの矢沢小吉さん

しばらく休みが続いていた矢沢小吉さん(芸名)が来所しました。

来ているTシャツは矢沢永吉さんがソロになって(もう何十年前のことか・・・)日比谷野音で着ていたスターTシャツだそう。

相変わらず矢沢命のようです

「矢沢ショップによく行くよ。行くとどうしてもグッズを買っちゃう。店の中の写真は撮らしてくれないけどグッズは色々たくさんあるよ。YAZAWAのネームが入ったベビー用品まであるんだ!」

「調子はいいよ。宿泊研修も行くよ!今年は北海道?」

パートナーのマリさん。

「私も矢沢に詳しくなっちゃった。だっていつも矢沢と一緒にいるようなもんだから(大笑)」

|

幻聴についての覚え書き①

それはホントに苦しい

突然やってくる まるで四次元の世界のよう

それは絶対的で非難がましく脅迫的で命令口調で支配的で意地悪くてすぐに従わなくちゃいけない

私しか知らない私のイヤなことを知っている

他人(ひと)には言えない。医者にも言えない、言わない

それが幻聴だと分かるとホッとする時もあるけど、苦しいことには変わりがない

|

GENTYOUサークル

統合失調症の症状の一つに幻聴があります。服薬でそれがきれいになくなる人もいますが、何年も続いている人もいます。

一時、スペース杉田の中で幻聴についてオープンにお喋りする機会が多くなりました。その流れで、GENTYOU(幻聴)サークルも発足しました。あまり聞かれたくないこともあるので、場所を変えて月に1回幻聴について話し合います。今日の午後がその活動日でした。

「幻聴って一体なんなの?」

約90分。でも、そんなに堅苦しい時間ばかりを過ごすわけではありません。結構笑っちゃうことも多いです。これから気長に幻聴について参加メンバーで考えていきたいと思っています。

|

悩みが悩みを救う?

「悩み」が「悩み」を救う?
写真は夕方のサンセットミーティングですが、午前中にはそれぞれが悩みを出し合う<みんな聞いてよミーティング〜悩み編>がありました。

「10月4日の生活保護の支給日まで所持金が100円なんです・・・」おもむろにそのメンバーさんは口を開きました。
え〜!という声がみんなから上がりましたが、家には最低限の食べ物はあるとのこと。それにしても所持金があと100円とは・・・

それを受けて、最後の発言者がボソッと言いました。「なにか救われたような気がしました。私より困ってる人がいる・・・私の所持金は10月4日の支給日まで500円なんです」・・・え〜!・・・

聞くところによると、後でもう一人のメンバーが「実は私も」と打ち明けたそうです。

その後三人は「頑張ろうね!」と手を繋いでお互いを励まし合ったそうです。

|

最後の練習

今週の金曜日に大和スポーツセンターで精神障害者のソフトバレーボール大会があります。
今日はそのための最後の練習でした。

直前になって調子を崩したりスケジュールが合わなくなった人が出たのですが、工房タッチの男性メンバーも1名助っ人で参加してくれて、何とか無事に7名のメンバーが集まりました。

2戦目に弱いスペース杉田チーム。今年も精神科病院デイケアの強豪チームたちに挑みます!

今年も頼みまっせキャプテン(右)!

|

磯子まつり

今年も磯子区役所を中心に磯子まつりがありました。
昔は磯子駅から沿道にズラッとテキヤさんが並び、産業道路はフリマのブースに解放されていましたが、今ではずいぶん様変わりしました。

スペース杉田は区役所のロビーの入り口を入ってすぐの場所で自主製品の販売をやりました。

参加したのはアラフィフの男子3名。感想はみんな「あ〜疲れたぁ」でした

|

ギターサークル演奏会inさんぽみちvol⑥

今日の午後は、第6回目になるギターサークルの演奏会が栄区公会堂地下一階の喫茶さんぽみちでありました。

過去4回司会を務めていた女性メンバーがお休みになり、急遽司会にかり出されたJさん。実はJさんは今までに何回も司会経験があるベテランで、今日もパパっと打ち合わせをしてすぐにマイクを握りました。



一組目は栄区のKさんとYさん。お二人は毎月の練習には出ませんが、演奏会には一緒に出演してくれるサークルの「仲間」です。

『バスストップ』『いちご白書をもう一度』『心の旅』といった懐かしい名曲を披露、長年の友人同士で息のあったところを見せてくれました♪

201109221406301

次は磯子区の音楽シーンのボスでイマージュISOGO代表の宮内重明さん。杉田のフレンチレストラン<パレ・ド・バルブ>のオーナーでもあります。 宮内さんとの繋がりも何年か前のギターサークルの演奏会が始まりでした。

宮内さんは地域のイベント出演も多いのでベテランの貫禄で『世界で一つだけの花』『君がいるだけで』『ありがとう』といったジャパニーズPOPSを渋い歌声で聴かせてくれました。

第7回の演奏会は10月28日(金)の予定です

|

台風15号

Photo

写真では分かりませんが、窓の外は暴風雨です。天気予報を見ていれば、台風が近づいているのは分かっているのですが、朝からひどい天気です。

今日の午前はレクリエーションで横浜美術館へ行くはずでした。午後にはギターサークルの練習がありました。夕方には看護専門学校の実習生さんとの「振り返り」も予定されていました。全てが台風のせいで延期や中止になりました。

警報が4つも出た時点で、今日の午後のスペース杉田は閉所になりました。

|

実習生さん

(午前のオリエンテーション)

「今三年生です。来年卒業です」

(午前のフリータイム)

「この間まで精神科病院の病棟で研修でした」

(昼食ボランティアさんのお手伝い)

「病棟の患者さんと話してみて、自分が精神科病院というものについて間違ったイメージを持っていたな、と思いました」

(昼食時の自己紹介)

「正直言って、ここ(スペース杉田)でどういうことを皆さんがやっているのかは知りませんでした」

(午後の手芸工作プログラムに参加)

「マラソン大会やバレーボール大会に参加するってさっき聞きましたけど、皆さん色んなことに意欲的だな、と思いました」

(夕方のサンセットミーティングに参加)

「私は小児科か産婦人科が希望です」「私は精神科です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日も実習のお二人。終わりには職員と共に2日間を振り返ります。

|

ヘルシー&ビューティー⑥

ヘルシー&<br />
 ビューティー
今回のヘルシー&ビューティープログラムは、簡単な脳トレとエアロビとストレッチをやりました。

いつもよりはハードだったので途中疲れたとの声もありましたが、終了後はスッキリしたと話す方がほとんどでした。

この一年を通してのプログラムも今回で折り返し地点を迎えました。これから秋冬に向かってますます健康で美しくなりたいものです

|

スペース杉田のメンバーになってどうですか?

先週の金曜日にスペース杉田(ゆっくりいそご)の理事会があり、体験通所中のお二人が新しい利用メンバーとして承認されました。

ちょうどそのお二人が並んで座っていたので訊いてみました。


Iさん(男性)です。

「ホッとしました(微笑)」
メンバーになってこれから生活が変わりそうですか?
「・・・」

あんまり変わりませんかね
「そうですね・・・(微笑)」

いつも穏やかなIさんです。


もう一人はKさん(女性)。
「スペース杉田に入って良かったことは、杉田商店街に行くようになったことです(笑) 安いです。前に住んでいた所は高くって(笑)」(昨日キュウリを10本買ってたよ!、と声アリ)
とてもシャイなKさんは、手元の写真しか撮らせてもらえませんでした。


二人の対面に座っていたお三方。こちらは「イエーイ!」と顔出しOKというか、顔を出してよ!のブログの常連のお三方でした

|

カンファレンス

「カンファレンス」と呼ばれる集まりが港南区芹が谷の精神科病院の2階会議室でありました。

長年入院生活を送っていたTさん(40代男性)が退院して地元のグループホームに移って2年近く経ちました。今までの経過、これからの課題などをご本人とお母様を交えて、主治医、病院相談員、担当区役所ワーカー、スペース杉田職員、グループホーム職員が話し合いました。

このようなカンファレンスは、特に長期入院から退院した人の場合定期的に行われます。

|

乾杯

午後にギターサークル<新人編>の練習がありました。

ギターという物を手にしてからまだほんの数ヶ月のSさんです。

練習の甲斐あって、長渕剛さんお名曲「乾杯」を弾き語れるようになってきました

当然発表の機会があっていいじゃないですか 来月の<さんぽみち>での演奏会で披露することが決まりました。

Sさんを悩ませているBmコード。Fも難しいですが初心者にはこれもなかなか綺麗に音が出ない難しいコードです。

こちらは、小説も書きオリジナル曲も作りサックスも吹くKさん。ギターは新人ではありませんが、一から練習したい、と意欲的なメンバーです

|

人前で話す時

港南区の看護専門学校の授業で、Aさんが当事者としての体験(や今現在の思いなど)を発表しました。

Aさん、この日のために原稿を用意し、リハーサル(8月31日)もやりました。与えられた時間15分以内で簡潔にまとめられたスピーチは担当教員や同行した関係者も絶賛でした 一番肝心な学生さんにはどのように届いたのかは分かりませんが、皆さんの看護士としての前途に期待したいところです。

終ったAさんの感想は、「まぁまぁ上手く喋れたんじゃないかと思います(笑)」とのことでした。

|

理事会でもの申す!


午後にスペース杉田を運営するNPO法人ゆっくりいそごの理事会がありました。
その理事会にお二人のメンバーが冒頭出席しました。なにか非常に重大なアピールがあるそうです。それは・・・

「あの〜今年の宿泊研修でのビール(アルコール)なんですけど、350ミリ缶を」(以下略)ということで、宿泊研修での飲酒についてなのでした。

実はお二人は去年もこの件で理事会に参加しています。今年もユーモラスなお二人に理事からはクスクス笑い声が・・・
さてさて、お二人の主張の行方は

|

燃える秋


朝から来所したYさんは、午後になってもテーブルで履歴書のようなものを書いてました。それは、看護専門学校の入学願書なのでした。

Yさんはこの秋に何校かの看護専門学校を受けるそうです。

合格しても非常に厳しい学生生活が待っています。1200字の志望動機の作文に燃えるYさんの一日でした。

(書き上げた志望動機を非常勤職員に読んでもらっているYさん)

|

今年の富士登山は急遽中止に

今年も富士登山を目指して(目指さない人も)4月から海の公園や山下公園まで歩きました。残念なことに天候不良で丹沢登山や夜間トレーニングはできませんでしたが、一応やるべきことはやった、という思いで今日の登山を迎えるはずでした。

中止になってしまったのは、先週末に登山サークルの責任者である職員が右手の指を骨折してしまったからでした。責任者が不参加ではこのような活動を実施することはできないわけで・・・

約4ヶ月のトレーニングが無駄になったとは思いませんが、この喪失感は(大げさ)・・・

責任を感じて凹む登山隊長・・・のイメージ画像・・・「ホントだったら今頃五合目に集まって」・・・

|

PM2:55

プログラムの<手芸工作>に勤しむ人たち・・・

別のテーブルで話してるオジサマたち・・・「○香病院のメシって結構美味しいんだよね(笑)」

昨晩あまり眠れなくてソファーで寝ている人・・・

今日まで育休だった女性職員と新しい命・・・

|

天気予報があてになりません

午後は新杉田公園グラウンドで<磯子ファイターズ>の練習がありました。

天気予報では台風の接近で120%雨のはずなのに、磯子区はなんとか降らずにもってるじゃアリマセンか!

思いっきり練習は休みモードだったのに、なんだか拍子抜けしてのソフトボールの練習でした。

今年はベスト4に入れるかな? 大会は10月7日(金)です

|

スタミナうどん!

大盛りのサラダの真ん中に生卵が乗っかっています。実はその下にはうどんが隠れています。

今日のcooking(調理実習)は「スタミナをつけよう!」をテーマにサラダうどんを作りました。考案(?)したのはスペース杉田の女性非常勤職員さん。家でも食べてるのでしょうか、いつも元気です

スタミナうどんで残暑を乗り切る皆さん

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »