« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

第11回東海道弥次喜多サークル その弐

P1000308

午前7時にホテル自慢のカレーライスを食べて、午前9時に出発しました。

P1000309

今日も天気が良く、出だしは好調です。

P1000311

越すに越されぬ大井川。橋は1キロ以上あります。

P1000313

金谷の町へ入る。歴史を感じさせる町並みでした。

P1000314

可愛らしい鯉のぼりをバックに記念撮影。「頑張れ東北」の垂れ幕がありました。

P1000317

町はずれで地元のオジサンと。「そうかい、東海道を歩いてるの」・・・

P1000319

金谷坂石畳へ右折。

P1000324

この石畳、地元の人によって復元されたそうです。

P1000321

石畳茶屋で一休み。お茶と羊羹のセット(300円)が美味しかった~

ちょっとした山登りです。

P1000328

茶畑が広がる山道を延々と歩きました。喉が渇きましたが、自動販売機は全くありません。何故なら、地元の人が自動販売機のお茶を買って飲むわけがないのです。

P1000329

やっと茶屋で一服。

ここのご主人も気さくな話し好きの方でした。

P1000332

日坂から掛川へ。ん~疲れてきた・・・

P1000333

国道1号から分れて415号に入ってから、道の駅「掛川」を発見(中央左の建物)。今日のランチタイムにしました。

P1000334

日坂バイパスのインターから近く、ゴールデンウィークの最中なので、とても混んでましたが、ここの昼食は安くてボリュームがあり、最高でした。いままで道の駅を利用したことはありますが、場所によって全然違うんですね。

P1000335

食後の歩きは睡魔との闘いです。もっとも、眠いのを通り過ぎると、ボーッとしたまま歩くことになります。車に注意しなくてはいけません。

P1000337

2日目も中盤を過ぎると、地べたに座り込むことが多くなりました。

P1000342

やっと掛川の街へ入りました。ここの商店街も淋しい・・・

P1000344

カメラを向けるとポーズをとる弥次さん喜多さんですが、実際は疲れ切ってます・・・

P1000345

国道1号沿いをひたすら進みます。

P1000347

ひたすら無言で進みます・・・

P1000348

足の裏の豆が潰れても頑張る弥次さん。

P1000349

そして、午後6時、やっと愛野駅に着きました! 何故か異様にモダンな駅舎でした。

P1000352

本日の宿です。閑散とした駅前に建っています。静岡スタジアムエコパという巨大なスポーツパークがこの近くににあることは、後から知りました。

P1000354

駅近くのお好み焼き屋へ。エコパでイベントあるようで、若いお客さんで満員でした。

・・・本日もこの後コンビニに買い出しに行き、それぞれの部屋で爆睡した弥次喜多サークルでした。 

|

第11回東海道弥次喜多サークル やっと半分きたぜ!編 その壱

P1000288

ゴールデンウィークの初日、半年振りの弥次喜多サークルの活動がありました。4年越しのこの活動も今回で11回目で初の2泊3日の行軍です。今回は府中(静岡)〜浜松を歩きます。

P1000270

スタートはJR静岡駅。新横浜から新幹線でやってきました。

駅前のマックで一服して午前9時前には歩き始めました。

P1000273

まだ時間が早いので、静岡駅前の商店街も閉まっていました。

P1000274

Tさんは、股擦防止のために、スパッツを穿いてます(見せなくていいよ!

P1000278

ほどなく安倍川のたもとに到着。福山雅治さんが立ち寄ったことで有名らしい団子屋さんです。

P1000280

安倍川のたもとで安倍川餅を食べました。空は青いし、風は爽やか。川のせせらぎにも癒されます。(こんなことやってのんびりしてたから到着が遅くなった、と後で反省

今回の弥次さん喜多さん。手前の喜多さんは日本橋から全行程を制覇しています。後ろは、このサークル活動を始めたメンバーMさんの遺志を継いで(昨年1月に事故でお亡くなりになりました)参加したYさん。今回で2回目の参加です。

P1000285_2

とにかく爽やかな一日でした。汗ばむこともなく、まさに弥次喜多日より!

P1000287

丸子橋前。茶屋の前で一休み。お昼時でしたが、なんだか高そうなお店だったので、パス。昼食は先に延ばしまして、宇津ノ谷へ。

P1000289

見たことのないジャイアンツの自動販売機がありました。喜多さん根っからのG党です。

P1000290

国道1号を歩きます。なかなか登りはキツイです。

P1000292

ドライバーさん相手と思われるお店に到着。やっと昼食タイム! 

P1000294

宇津ノ谷トンネル。トラックが轟音を立てて喧しい・・先頭の喜多さんは、ずーっと大声で歌っていたそうです。

P1000296

宇津の谷峠越えが続きます。

P1000301

岡部(藤枝市)へ下りてきました。

P1000303

ゴールデンウィークのせいか、人影はまばら。日ごろの運動不足がたたって、みんな足が痛くなってきました・・・

P1000304

藤枝駅商店街。ここの商店街もいままで通り過ぎてきた数えきれない商店街と同じで、シャッターを下ろして閉店したお店が多かったです・・・

P1000062

藤枝を抜けてからはほぼ国道1号沿いを歩きます。すでに午後5時をすぎていました。予定より1時間半も遅い・・・

P1000064

・・・なかなか今日の目的地島田駅に着きません。無言で歩く弥次喜多サークルメンバー・・・実は、3人のメンバーが足がつったまま歩いていたのでした。

P1000066

そしてやっと、本日の宿(島田駅前ビジネスホテル)に午後6時40分に到着。スタートから約10時間かかりました。長かった・・・

P1000068

足が痛いのでヨタヨタしながらチェックイン ホテルのお兄さん推薦のお食事処へ行くまでにひと風呂浴びて休みました

お食事処『和蔵』の前でお店の人と記念撮影。静岡駅から歩いてきたと言ったら「え~!」と驚いていました。

それにしても、今日の予定は距離27キロで午後5時頃到着のはず・・・「もっと長かったんじゃないの〜」と予定を立てたサークル隊長は責められたのでした 万歩計をつけていた人が3人いたのですが、距離がまちまちで実際のところは正確な歩行距離が分らずじまいでしたが、多分35キロ以上は歩きました。もっとも、道を間違えて引き返した、なんてこともあるわけで・・・お店を出てヨタヨタ歩きながらコンビニに寄り、宿に帰って全員即寝の一日が終わりました

|

今年のよさこいサークルは

華やかなイベントが自粛傾向にある昨今ですが、<原宿元氣祭りスーパーよさこい>は、今年の夏も予定通りに開催されるようです。

スペース杉田のよさこいサークルもこのイベントに昨年に引き続き出演予定だったのですが、諸事情で今年は参加を見送りました。

よさこいサークルのような地域の方と一緒に大勢で活動する規模の大きなサークルは、活動費用を含めて、なかなか継続して参加することが難しいようです。

Photo

(昨年夏の出演時の模様 【磯子マガジン】より)

|

歴史から学ぶこと

かなり久しぶりにスピーチサークルがありました。

テーマは自由、時間も自由、一人で喋ってもらいます。

本日の話し手は、Kさん。学校の先生のような知的な雰囲気をかもし出しています。予定していた10分どころか30分近く訥々と話してくれました。

今日のテーマは「歴史から学ぶ」。Kさんは若い頃(から)大学や仕事で、郷土史の研究をしていたそうです(2月18日 『杉田文学第7号』にKさんの文章が掲載されています)。

もっとも、今日のスピーチの方は「緊張して全然ダメだった」そうです。そんなことなかったですよ、Kさん

|

赤い縞模様のパンツ

磯子精ボ会のNさんです。今日は昼食サービスの日でした。Nさんとスペース杉田のお付き合いはもう10年以上になります。

一部で、喋り方が女優の桃井かおりさんに似ていると言われているいつも明るいNさんです。

「亭主のねパンツを買ってあげたわけよ。そしたら、なんでこんなパンツ買って来るんだって怒られて。赤い縞模様のパンツだったんだけどさ(笑) 『アンタそんなこと言うんだったら、自分で買いに行きなよって!怒ったわ。ねぇ、自分で履くんだから。』

なんでまた赤い縞模様のパンツを・・・

『3枚1000円とかよくあるじゃない。あれを買ったのよ。3足重なってるの。あれさ、3つ重なってるから真ん中のパンツの柄なんて分からないじゃない。家帰ってきて赤い縞模様ってわかったのよ(笑)』

・・・まぁあんまり人に見せるもんでもないけど

『家で履いてりゃいいのよ(笑)。自分のパンツぐらい自分で買えって(笑) もう20年以上前の話だけどね(笑)』

大爆笑のランチタイムでした

|

心のシャッター

午前に、【みんな聞いてよミーティング(悩み編)】がありました。

今回は、人間関係がテーマになりました。

できればみんなと仲良くなりたい、友達になりたい。でも、その人が、自分のことばっかり話す人だったりすると淋しいです。しかも長時間それを聞いてなければならいと段々辛くなってくる。でも今さら会いたくないとも言えないし・・・盛り上がってる話題についていけなくて、話の輪の中にいてもに淋しい想いをしてしまう。自分も喋りたいけどそれができない・・・「心のシャッターを閉めちゃうとね、相手も閉めちゃうんだよね。やっぱり心のシャッターは開けなくちゃ(笑) でも、この人とは無理だ、と思った人とは仲良くしようとしても無理だから止めたほうがいい。無理しても無理だからね」 そんなアドバイスもありました。


|

ギターサークル演奏会inさんぽみち

201104221403062

栄公会堂の中のふれあいショップ<さんぽみち>で、ギターサークルの演奏会がありました。

幸いにも大勢の人が来てくれて、椅子が足りなくて立ち見の人も出るほどでした。

出演者のみんなは、緊張はしたみたいですが、やり終えた達成感で満足そうに帰っていきました。当日の模様は、後日に掲載予定です

|

第1回 『ヘルシー&ビューティ』プログラム

昨年度好評だった『健康づくりプログラム』が、今年度は『ヘルシー&ビューティ』プログラムと名前を変えて始まりました。

講師は昨年に引き続いて、横浜市体育協会の金子先生。今年は、協会の全面的バックアップを得て、一年間を通して健康づくり(ヘルシー&ビューティ)に取り組みます。

第1回の今日は、「自分の体を知ろう」編。まずは、己を知らなければ何も始まりません!?

上体起し(筋持久力)です。以下、Tさんをモデルに今日の計測メニューをご紹介!

体重。{ワオ!」驚くTさん。

血圧。「これは俺大丈夫」

握力・・・と言うより顔力?

長座体前屈(柔軟性)「ん~」

・・・ということで、各データを集計し、自分のBMI(ボディマスインデックス)という肥満度を表わす指数を出しました。

明らかに肥満な人、肥満ではないけど体脂肪の高い人、体脂肪は低いけど血圧が高くてビビッている人、色々でしたが、やっぱり肥満名な人が多かったかな?半年後にまた同じ計測が待っています。

健康第一です。次回は運動講座『夏までにメリハリボディを手に入れよう!』です。

|

明後日の演奏会に向けて

明後日22日の演奏会にむけて、ギターサークルのリハーサルを新杉田ケアプラザの多目的ルームでやりました

ほとんどのメンバーが、ホールやお店での演奏会を経験していますが、サークル活動としての演奏会は去年の3月からご無沙汰でした。

若干の緊張感を漂わせつつ、当日の流れに従って、順番に演奏していきました。やはり人前で演奏するというのは難しいものです。自宅の部屋の中で一人で弾くのとは、全く別物です。緊張します・・・とは言いつつ、自分の出番まで余裕で居眠りしている人もいました

当日は、10名以上のメンバーが演奏しますが、二組の出演者をご紹介しましょう。

ユニット名【三寒四温】のお二人。オリジナル曲『限りなき愛』を歌います。構成が複雑で、プログレのようなフォークソングです。

こちらは演歌調のオリジナル曲を歌うSさん。Sさんの人生を知り尽くしたギタリストが作詞作曲しました。ご家族への想いを、本番さながらに熱唱するSさんの姿は感動モノでした。

本番がとても楽しみなギターサークルのリハーサル風景でした。

|

内部監査

内部監査

午後に、内部監査がありました。内部監査とは、NPO法人ゆっくりいそごとスペース杉田の前年度の会計の処理が適切であったかどうかを調べる内部的な監査のことです。

内部監査、などというと厳めしい響きがありますが、実際は和やかな、かつちょっとだけ緊張感のある雰囲気で行われます。

会計担当者にとっては、この内部監査を無事に終えると、やっと前年度が終ったなぁ、という気持ちになるみたいです。もちろん、2時間弱で、無事に終了しました。

|

幻聴サークル?

スペース杉田には、登山をはじめソフトボール、テニス、マラソンなどのスポーツ系のサークルから、ギター、映画、スピーチなどの文科系サークル。変わったところでは、美味しいものを食べに行こうというグルメサークルなんてのもあります。

勿論今までに残念ながら消えてしまったサークルもあります。禁煙、ダイエットなどの我慢系(?)サークル。落語、ホラー映画、少林寺などのマニアック系(?)サークルなどです。

そして今、一部で盛り上がっているのが(?)「幻聴サークル」です。といっても、まだミーティングにかけてないので正式なサークルではありません。
中心メンバーは下のお二人。

仲のいいお二人がよく幻聴について楽しそうにお喋りしていることから、サークルにしたら、ということになったのです。

ただ、大きな問題があります。それは・・・「幻聴サークル」って一体なにするの?ということなのです

|

人気の写経

月に一度、書道の先生に来ていただいてます。年明けには、みんなで書初めなどをやったのですが、最近はお経を写す、写経がひそかな人気です。

「心が落ち着く」「無になる」・・・今日も6人の人が参加してました。

「小さな子どもは教えているのですが、大人の人は初めてです。皆さんお上手ですよ」と講師の明るいK先生です。

|

夜桜見物

夜桜見物

レクリエーションで、夜桜見物に行きました。ルートは弘明寺から黄金町までの大岡川沿いの道。桜の名所ですね。

提灯はありませんでしたが、屋台の明かりで川面に散った桜の花びらが流れていくのは風情がありました。

途中、酔っ払ったオジサンが、みんなの姿をデジカメにおさめてくれました(上の写真ではないのですが・・・)。ありがとうオジサンです

|

演奏会に向けて

午後、ギターサークルの練習がありました。

来週22日(金)に、栄公会堂の地下1Fふれあいショップさんぽみちで演奏会があります(2/22と3/25にも紹介しました)。今日は、その予行練習になりました。

今回の演奏会の特徴は、オリジナル曲を歌うメンバーが多いことでしょうか。自分の唄う曲の候補曲を、みんなの意見で決めた人もいました。

こちらは、いつの日か桜木町の路上でデビューすることを夢見るKANAKAZUのお二人

<スペース杉田ギターサークル演奏会inさんぽみちvol①>

●日時 平成23年4月22日(金)午後2時〜3時30分

●場所 栄公会堂地下1Fふれあいショップさんぽみち

●入場無料 美味しいコーヒーを注文してください

●スペース杉田ギターサークルメンバーと仲間たちのギター弾き語りです

|

ウォーキングしてて良かった?

(国道16号を歩くメンバー)

午後にウォーキングがありました。今日の目的地は、いつもの海の公園だったのですが、途中に桜の綺麗な鳥見塚を通って行こうということになりました。

(桜が満開でした!)

外出先で先の大地震にあって交通機関が止まってしまった、というメンバーがスペース杉田にもいました。今日もウォーキング参加のYさん(女性)もその一人。とある駅ビルでで買い物をしていて地震にあい、電車やバスでは帰宅できないことがわかりました。

自宅までそう遠くないと分かっていたYさん、歩いて自宅まで帰ったそうです。どちらかと言えば引きこもりの時期が長かったYさんが歩いて帰ってこられたのは、日頃からウォーキングをやっていたから、というのが巷の評判です

|

事務局会議

(会議の準備中です)

今年度最初のスペース杉田の事務局会議がありました。

会議というと、口角泡飛ばして、というようなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、スペース杉田の会議は、どちらかと言えば和やかな明るい雰囲気かもしれません。

(会議終了後)「私の元気の源は、ウナギよ!」と笑う前田理事長です。今まで何度もメンバーと一緒に20キロ近くを歩いています

|

サンセットミーティング


今日のサンセットミーティングで話題になったのは、滅多にプログラムに参加しないKさんが、午後のプログラムのヨガに参加したことでした。ヨガは、月1回、新杉田ケアプラザの多目的ホールを借りてやっています。

Kさん、なんと7年振り!のヨガ参加でした。足の痛みが良くなって気持ち良かったそうです。

また出ようよKさん

|

みんな聞いてよミーティング【悩み編】

午前に<みんな聞いてよ!ミーティング【悩み編】>がありました。

「足が痛いです」「お金がない。小遣い2万円。ほとんど煙草代に消えます」「母親のヒステリーには参ってしまう」「マッスルトレーナー(重りの入った靴です)を履いて歩くと、靴下に穴が開いちゃうんですよね。母親が凄く怒って・・・だから今穴の開いた靴下を履いてます」「悩みはないです」「若い時のようにダイエットしても体重が減らない」「いつもの(?)人間関係です」「体重増加です」・・・悩みは尽きませんね。

根岸森林公園の桜。来週あたりに満開になるかな?

|

自主製品売上を東日本大震災の募金へ

自主製品売上を義援金へ

今日は手芸工作でした。男性の姿はなく、女性メンバーとボランティアさんばかりでした。賑やかでした。

朝のミーティングで、スペース杉田の自主製品(手芸工作、革細工、デコパージュ製品など)の4月5月の売り上げ金を、大震災の募金として寄付することに決めました。

|

いつもの毎日に戻ってきたような

今日は暖かいいい天気でした。スポーツはテニスだったのですが、それとは別に登山サークルのウォーキングに参加する人もいました。桜が咲きかけてます。

午後4時には、1日を振り返るサンセットミーティングでした。ブログの写真を撮られるときは、スリムに映る角度にしなくちゃね、と盛り上がる女性陣でした

|

ゆっくりいそごでフリマ出店

フリマ
NPO法人ゆっくりいそごでらびすた新杉田のフリマに出店しました。何故か毎年寒い時期に参加しています。

ご時勢なのか、衣料品や靴やバッグなどリサイクル品を扱ったお店が多かったです。

売り上げは気になるところですが、お客さんとのやり取りは楽しいです。収益は、講演会などの団体の活動費用に充てられます。ゆっくりいそごのような小さなNPOは、頑張らなくてはいけません

|

富士登山サークルミーティング

富士登山サークルミーティング
今年の夏の終わり頃に富士山に登ろう!という登山サークルの第1回ミーティングがありました。
今年の参加者は、メンバー6名と職員、ボランティアさんです。

山登りがほとんど初めて、という人が二人もいて、「富士山は手ぶらで登るんですか?」とか、「山小屋ってペンションみたいな所ですか?」とか「スニーカーと穴のあいたジーンズで登っていいですか?」など、初々しい質問が飛び出しました。

今日から5ヶ月間、長距離ウォーキングを中心に、真夏の丹沢登山などのトレーニングを無事にこなせた人が、富士登山に挑むことになります。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »