« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

iPad 発売日

Apple1

iPadが遂に日本で発売されました。そこで、午前のサブミーティングで、このiPad発売について語ってもらいました。が・・・

「よく知りません。携帯電話の使い方だって難しくて分からないのに」(40代男性)

「知りません。聞いたこともないです」(50代男性)

「デザイン性は優れていると思う。でも、操作が簡単と言うことですけど、高齢者の方などに本当に使いやすいかどうかは疑問です。アプリとか欲しくないんで、僕はアマゾンのキンドルの方が興味あります」(20代男性)

「テレビ観て、並んで買ってる人がいるのは知ってる」(60代女性)

「よく分からないです」(50代男性)

「私もキンドルに興味あります」(20代女性)

「新し物好きなんで欲しい」(40代男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミーティング終了後にいらした方にも聞いてみました。

「iPodのことですか?良く分からない」(30代男性)

「よく知らないけど、別にあっても多分使わないなぁ」(30代男性)

「今日は興味ない。やっぱり本は紙じゃなくちゃ」(60代女性)

「ちょっと興味あります。インターネットができるならパソコンより便利かな」(30代女性)

「どういう物かよく分からないんですけど」(30代男性)

「全く興味ないです。どういう物かも知りません」(30代男性)

「パソコンの代わりになるならいいと思います」(50代女性)

・・・以上、iPadがどういう物なのかを知っている人が少ないスペース杉田でした。

|

オリジナル曲①


午後にギターサークルの活動がありました。今日は港南区の地域活動支援センターのメンバーと職員さんが見学にいらっしゃってましたので、自己紹介代わりに既成の持ち曲を披露したあと、CD作りの為のそれぞれのオリジナル曲の歌詞について検討しました。個性溢れる作品の中から2編をご紹介します。

『午後2時の男』

1.2時の男 2時の男

  俺はとある作業所に通っているが

  そこでは何もしなでリラックスできるが

  2時頃になると帰りたくなる

  ズバリそこで職員さんに一言

  「2時になったので帰ります」

2.2時の男 2時の男

  数年前のオキナワ旅行でも

  ズバリ一言「2時になったので帰ります」

  と言ったらみんなゲラゲラ笑っていた

  ズバリバカ受けだった

  2時の男 2時の男

『生きてみるから』

1.そんな事口にするなよ 

  死にたいなんて言うなよ

  苦しいのはお前一人だけじゃない

  お前一人だけじゃない

2.死にたいならあと一年待ってみないか

  そして一年たったその後に

  もう一度教えて欲しい

  本当に自分は死にたいのかと

3.出来るなら生きてくれないか

  死ぬまで生き抜いてくれないか

  出来るなら100歳まで生き抜いて

  昔話を笑い飛ばして欲しい

4.生きてくれないか

  生き抜いてくれないか

  俺も俺の人生を

  生き抜いてみるからさ

  生き抜いてみるからさ

「3月のステージのDVD観たら、自分のギターも歌もバラバラでした(笑)」

「今日はちょっと調子が悪かったです。頓服飲みましたから・・・歌は、あまり大きな声ではグループホームでは練習できないので、今日は一生懸命大きな声で歌うようにしました。CD作るのは夢でした。これが最初で最後かな(笑)」

|

合わせ半纏(はんてん)長半纏

<スーパーよさこい>参加のための衣装のサンプルが福井県から段ボールで届きました。5歳の坊やから壮年のオジサマまで、スリムな方やそうでない方もいるスペース杉田よさこいサークルなので、衣装のサイズも取り揃えなければなりません。

(サークルの主要スタッフ、工房タッチ施設長黒崎さん)

(蒔田ワーカーズファクトリー職員の大西さんと高橋さん)

ダンスインストラクターの大島さんとも話し合い、スペース杉田の衣装は、白青の長半纏(はんてん)でいこう!ということになりました。

|

H22年度個人面接②

今日の午後は、金沢区にお住まいのメンバー6名の個人面接でした。

生活、病状(障害)、家族、就労、人間関係、目標などテーマは人それぞれです。

お忙しい区役所の医療ソーシャルワーカーさんにも同席していただきました。

(面談のイメージ図)

|

原宿元氣祭り<スーパーよさこい>に正式エントリー

原宿元氣祭り<スーパーよさこい>出演が目的のよさこいサークルですが、参加申請団体が90以上になると抽選になるということだったのですが、一昨日主催者より正式なエントリーの通知がありました。

助成金を申請した独立行政法人が事業仕分けあったり、はまこい踊りが中止からまた(規模を縮小して)復活したりとイロイロありましたが、これでやっと活動に専念できる体制になりました。

<スーパーよさこい>は8月29日の日曜日に原宿表参道で開催されます。

201005231600182

(今日の練習風景)

|

Yさん「うつ」について語る

Yさん「うつ」について語る

「(うつは)急にやって来る。前の日、ちょっとネガティブなこと考えたりすると、寝てる間になるのかな。それで一週間ずっと起きられなくなる。布団から出る気がしない。トイレとかギリギリになると行って、ついでに洗面したり冷蔵庫の中の物急いで食べたりして・・・基本的には布団の中にいたい。動けない。何もする気になれない。そういう時が月に一度か二度ある。友達からの電話にはやっと出るけど、家族とかと話すのはちょっと苦手かな」

Yさん「うつ」について語る

「僕はそううつではない。うつです(反復性短期うつ病)。気分の波はもちろんあるけど、抗うつ剤で波を小さくする。うつになったのは25歳くらいかな。今まで色々やってきたけど・・・急にガクッとおちるからつらい。布団の中にいてずっと眠ってるわけじゃない。でもよく夢は見る。それが、今の事じゃなくて、子供の頃の夢ばっかり。それだけ、僕の『今』がないってことかな・・・」

Yさん「うつ」について語る

「・・・今、働いてるわけじゃない。どこか大きな組織に所属してるわけじゃない。自分が一体なんなのか分からなくなる。他人様の役に立ってるわけじゃない。アイデンティティーの崩壊かな。うつの時は、楽になりたい楽になりたい、それだけ。そうすると、ある時パッと頭がスッキリしてやっと動けるようになる。仲間に会って何かしたい気持ちなる。今はそういう時です(笑)」

|

よさこい踊り

よさこい踊り

今日の午前は新杉田地域ケアプラザでヨガのプログラムがあり、午後はフリーでした。

よさこいサークルに参加するレディース3人組が、CDをかけながら並んで練習してました

何回か振り付けを繰り返すと「暑い暑い~」と騒がしい熱い3人組でした

|

平成22年度個人面接①

今年度も個人面接が始まりました。各区のワーカーさんにも来ていただいて、前年度の振り返りと今年度の生活ついてを話します。

今日は磯子区在住のメンバーが対象でした。

スペース杉田はワンフロアの室内なので、パーテーションで一応目隠ししています。

(面談のイメージ図。休憩時間に、「演技」してもらいました)

|

「まだ落ち着いてはいないです」

家庭の事情で一人暮らしをすることになったTさん(4月15日紹介)が、スペース杉田からそう遠くない区にある共同住居についこの間引っ越しました。


かなり昔に一人暮らしの経験のあるTさんですが、新しい環境での生活にはやはり不安がまだあるそうです。住所が変わることによる様々な手続きも頭痛の種のようです。

しかし、そんなTさんにとって心強いのが、隣の部屋に住むHさんの存在です。Hさんはスペース杉田のメンバーであり、Tさんとの付き合いは約20年。この共同住居には5年ほど前から入居しているので、Tさんにとっては年下ですけど先輩になりました。「頼りにしてますよ〜」とはTさん。

「生活上のアドバイスは色々ありますよ(笑)」と偉そうなHさんと(右)。

|

竹内小力さんと共にウォーキング

初夏を思わせるような午後の日差しの中、ウォーキングで山下公園を目指しました。本日は最近休みの多いスペース杉田の元映画スター竹内小力(芸名です)さんが参加しました。小力さん、最近運動不足で少々お腹が出ています・・・

午後1時、スペース杉田を出発。根岸まで16号を進む。

歩いている間中「タモリ倶楽部」の話を続ける小力さん。

根岸の階段前。登ると、有名なドルフィンがあります。

根岸森林公園の休憩所で一休み。

山手商店街の手前。多分横浜ではここにしか販売機がないと思われる、目や肉体にいい、という「ビルベリー飲料」。これを飲むのが小力さんの今日の目的の一つでもありました。

港の見える丘公園から見るベイブリッジ。いい天気でした。

小力さんはテレビのお笑い番組や邦画のビデオが大好き。今日も竹内力さんの芝居の神が乗り移っていました。

目的地の山下公園に午後4時前に到着。結構疲れます・・・向こうにインターコンチや観覧車が見えます。

公園内では「バラ園」を開催中。バラにも色んな名前があるんですね

|

第4回ゆっくりいそご総会

午後から、スペース杉田を運営しているNPO法人ゆっくりいそごの理事会と、それに続いて第4回総会が開かれました。

日頃からお世話になっている正賛助会員さんや区役所の職員さんが集まり、スペース杉田の運営を中心に、ゆっくりいそごの前年度の報告と、今年度の事業計画についての説明がありました。

その後は懇談会。みんな仲間ですから、和やかなものでした

第4回ゆっくりいそご総会

(懇談会後半の模様)

|

Jさん「禁煙」について語る

禁煙について語る

禁煙について語ってください

「・・・パイプに憧れたのは、子供の頃読んでたシャーロックホームズの本からですね(笑)。若い頃はパイプなんて気取ってると思われるので使わなかったけど、さすがにいい年になったので買ってもいいかなぁと(笑)。このパイプは関内の明治から3代続いているお店で買いました(笑)」

そうですか・・・禁煙外来に行ったそうですけど

「行って効果はあったんだけど、また元に戻っちゃった(笑) 頭では体に良くない、って分かってるんだけど・・・本数は減ったんだけどなぁ」

どんな時に吸いたくなりますか?

「不安になった時かな。ストレスが溜まった時とか吸うと落ち着くし。あと、ストレスから開放された時」

これからも吸い続けますか?

「多分・・・でも、値上がりするし、経済的に大変になりそうですよね(笑)」

|

ギターサークルにお客さんが

ギターサークルの話を聞きたい、という専門学校の作業療法科の学生さんが見学にいらっしゃいました。卒論のテーマが『音楽療法』だそうです

いい機会なので、メンバーの持ち曲を披露しました。

横浜YWCAのナカイさん。ご自身もギターを弾きます。路上での演奏経験もあるとのこと。今日は「ゆず」の歌を披露してもらいました

現在、ギターサークルではそれぞれオリジナル曲を制作中。歌詞が続々出来てきてます。秋にはCDができるといいですね〜

|

5月トイレ清掃表

スペース杉田のトイレ清掃は、当番制になっています。

全メンバーに「スペース杉田のトイレ掃除をする気持ちがありますか?」と聞き、その答えによって①『掃除します』チーム、②『たまに掃除しまっす』チーム、③『掃除しません』チーム、④『保留』チームの、4つのチームに分かれます。①チームの中でさらに3つのグループ分けをし、1週間ごとに3つのグループが交代でトイレの清掃にあたることになります。担当グループの中で休みの人が出た場合、②『たまに掃除しまっす』チームと④『保留』チームの人があたる場合もあるようです。

何時来て何時帰っても自由なスペース杉田では、なかなかメンバーのスケジュールを立てづらいので、何年か前からこのような方法になったようです。

わざわざトイレ清掃のためだけに来所する人、トイレを何回も使うのに全く掃除したことのない人、交際相手の代わりに進んで掃除する人、色々ですが、スペース杉田のトイレは一応清潔に保たれているようです。

Photo_2

(今月の清掃チェック表)

|

よさこいサークルが本格的にスタート

4月からスタートしたよさこいサークルでしたが、今日から活動に参加する企業のダンス部の方たちや地域の方たちが集合しました。

P1002041

精神疾患や障害についてのレクチャーをスペース杉田で実施。講師は工房タッチの施設長黒崎さん。その後、練習場所へ移動。

Burogu

ちょっと動くと汗ばむような室内。

201005091516051

今日は、読売新聞のタウンリポーターさん(4月28日紹介)も取材でいらしていました。これから8月末まで熱い練習が続きます。

|

磯子ファイターズ2010 初練習

磯子区内の三つの地域活動支援センターの合同チームの今年度初の練習がありました。

空には今にも振り出しそうな雨雲が・・・

・・・ザーッと雨が降り始めて軒下に避難。

しかし、小降りになってからまたグラウンドへ飛び出した磯子ファイターズの面々。今年は気合が入ってます 鬼監督の厳しいノックにも文句一つ言わず守備練習を重ねました。

キャプテンによると、今年も目標は、「ベスト4」入りだそうです。

|

GWの谷間

月火水と連休でしたので、ミーティングを午前やりましたが・・・いつものメンバー3名だけで・・・「今日は一日僕たちだけですか(笑)」なんて声もあったのですが・・・

午後のデコパージュが始まるころには賑やかなスペース杉田になりました。天気も良く、初夏を思わせる気持ちのいい一日でしたね

皆さま連休はどのようにお過ごしになりましたか

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »