« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

杉田劇場冬祭り

杉田劇場の開館5周年の記念イベントに声をかけていただいたので、自主製品の販売で出店しました。

5階のホールでは、「イソゴのハテナ」というミュージカル(?)の上演中。

公演が終わると、お客さんの姿が続々と増えました。

いつもお世話になっている夢コミのミナコさん。ロビーで上演していた劇団横綱チュチュのお手伝いやスペース杉田の販売も手伝ってくれました。

|

Nさんの長い一日

今朝は、開所時間にドアを開けて入ってきたメンバーは、NさんとHさんのお二人だけでした。

午前11時近くになっても、依然メンバーはNさんとHさんの2人だけ。Hさんは疲れているそうでソファーで寝ていましたので、Nさんはいつもの「指定席」でポツンと一人。

Nさんは今深刻な家族の悩みを抱えています。それが理由で、一時はスペース杉田をやめることを決めました。しかし、自称オセロゲームのNさんは「やっぱり来ます」と考え直しました。

お昼時になり、メンバーも増えました。Nさん(左端)もテレビで浅田真央選手の演技を観戦。

いつものようにとても早いお昼を食べたNさんは、昼過ぎにおなかが空いてしまいますので二度目の昼食。そのことを突っ込まれて、苦笑い、の図。

来月の第2週に、二つの大きな精神保健フォーラムに連続して出演予定のNさん。どちらも、歌の伴奏で出演。ギター歴は30年以上です。

今日はイブニングケアで、午後8時まで開所の日。夕方、病気について熱く語る二人の後ろで、あまり発言のないNさん。

イブニングケアは「夕食会」ということになり、皆でマグロ漬丼を作り、食べました。マグロの解凍に時間がかかり、出来上がったのは午後7時半。

今日の締めの夕食は、一人300円ナリ。

午前9時半から午後8時まで。大抵の日は昼前には帰るNさんにとっては、長い一日でした。「何で自分がこんな時間までいるのか不思議だよ(笑)」というのがNさんの感想でした。

|

おはぎより真央ちゃん

バンクーバーオリンピックの真っ最中です。午前10時にはたった2人のメンバーだけ。月曜ミーティングの予想通り(?)に『お菓子作り〜おはぎ』は参加希望者ゼロで中止になり、テレビでフィギアスケート女子の観戦となりました。

Photo

その頃、東海道弥次喜多サークル後発隊が戸塚から茅ヶ崎を目指して歩き始めました。

JR戸塚駅で。


遊行寺前。


昼すぎには、来所者も多くなってきたスペース杉田。やはり、冬季オリンピック観戦。


昼すぎにJR茅ヶ崎駅に到着した後発隊。感想は、「皆さんについて行くのがやっとでした」「昼御飯が美味しかった」だそうです。

同じ一日でも、色々な過ごし方がありますね〜

|

なんか明るいなぁ

午前のミーティングはいつもより参加者が多かったので、ちょっと賑やかな雰囲気でした。

議題の一つに、水曜日の『お菓子作り』のメニューがあり、おはぎに決まりました。材料の用意があるので、参加者を募りましたら、これがゼロ。中止になってしまいそうです。 当日に突然参加する人を待ちましょう。

「『お菓子作り』に不参加の人は?」に挙手するミーティング参加者の皆さん。何もそんな嬉しそうな顔しなくても・・・

午後は磯子スポーツセンターでバレーボールでした。

チームキャプテンのMさん。風邪気味なのにキャハハと元気でした。

|

ハマこいサークルプレレッスン

日曜の午後、磯子スポーツセンターで、ハマこいサークルの初参加者の為のプレレッスンをやりました。

ハマこいサークルプレレッスン
参加者は、精神障害のある人14名、地域の方6名、福祉施設職員8名と大勢の方に集まっていただきました。

最初は、見学だけ、と言っていた人たちもいつも間にか上着を脱いで参加してました。

ハマこいサークルプレレッスン

(和気あいあいの質疑応答風景)

4月から10回を越える合同練習を経て、8月の下旬に2日間に渡って大勢の観客の前でグループで踊る、というこのサークル活動。障害や病気や家庭の事情や仕事や色々なものを抱えつつ正式参加できるかどうかを、皆さんには考えて頂きます。

ハマこいサークルプレレッスン
一昨年「ハマこい踊り」に初めて参加した時からサークルメンバーをまとめる大島おりえダンスインストラクター。

|

レクリエーションの行き先は・・・

今日は月1回のレクリエーションでした。

行き先は、最近改装された山下公園のマリンタワーです。何故かスペース杉田から歩いて行こう!ということになりました・・・・

(何故か登山のような格好の人もいます。根岸の階段)

スペース杉田のような地域活動支援センターでは、「福利費」というものが認められています。主に外出になりますが、飲食費以外の費用(入場料、交通費など)の3割程度の負担金で参加できるレクリエーションプログラムです。

(ちょっと寒い根岸森林公園を歩く)

数年前までは、八景島、生麦キリンビール工場、ちょっと足を伸ばして六本木ヒルズやフジテレビなどにも行きました。

ところが、最近このレクリエーションが元気がありません。行き先は月曜日のミーティングでメンバーが決めます。まず、このミーティングの参加者数が少ないのです・・・

(3時間弱かかってメタリックになったマリンタワーに到着。3人とも富士登山経験者、元気です)

参加不参加が自由のスペース杉田では、レクリエーションも同様です。先日の月曜ミーティングでマリンタワー行きを決定したメンバー3名も何故か参加していません。

(展望台。港が一望できます)

マリンタワーなら歩いていけるよ、という女性職員の提案に、「歩いていくなら参加します」と手を挙げたのがこの3名でした。バスなら「すぐ着いてつまらないし、行かなかった」そうです。

(裸の大将山下清のモザイク壁画の前で)

映画鑑賞や近場のスーパー銭湯、バーベキューというような内容だと割と参加者は増えます。

(中華街のお店で、お手ごろ価格のランチを)

レクリエーションは別に義務的なものではありません。「福利費」の予算も施設によってバラバラで、レクリエーションをあまり実施していないところもあるようです。

今後のスペース杉田のレクリエーションプログラムの行き先はどうなるのでしょうか・・・

|

ボランティア実習生

かながわコミュニティカレッジ「こころのボランティア養成講座」を受講されている実習生の方4名が朝からいらっしゃっていました。

今日は、ボランティアさんが2名、加えて理事もいて、なんだか賑やかな昼食タイムでした。

夕方、実習生の皆さんの振り返り。「実習と言うより遊びに来た、という感じでした」という感想が印象的でした。

|

ギターサークルのリハーサル

来月に迫った「市民精神保健福祉フォーラム」での演奏をひかえ、ギターサークルのリハーサルを夕方やりました。

場所は、JR新杉田駅に併設された新杉田ケアプラザ。

多目的ルームはマイクの設備があるので、音楽(会)の練習にはもってこいの場所です。

今更という感じもあったのですが、ひとりひとり自己紹介をやりました。今から、マイクを持って人前で喋ることに慣れておかないといけません。

スペース杉田のメンバー2名、他施設から5名、入院中の病棟から1名・・・本当はもう一人、懐かしい榊原郁恵さんの歌を唄ってくれる女性メンバーさんが参加予定だったのですが、「一人では家から出られません」ということで不参加でした。

20

全員が演奏終了後、舞台に勢ぞろいし、観客の大拍手を受ける練習(?)も一応やっときました

来月の初めにもう一回リハーサルをやり、本番を迎えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「市民精神保健福祉フォーラム」

~ひとりひとりのリカバリーを考える~

●日時:平成22年3月11日(木) 午後1時~4時(開場12時30分)

●場所:横浜市健康福祉総合センター 4階ホール

●(JR桜木町駅下車 徒歩3分)

●入場料無料

(ギターサークルの演奏は13時からになります)

|

Mさんの場合

Mさんは、スペース杉田の中が職員さんだけになり、そろそろ夕方だな、という時刻にいつもいらっしゃいます。一人黙々とパソコンに向かい何かを見てらっしゃいます・・・

「僕、寝るの遅いんですよ。大体夜の2時に寝て昼の2時に起きます(笑)。今日はジャンプを立ち読みするためにそこのローソンまで来たんで、寄りました。家の押入れには結構マンガがあります。『あしたのジョー』とか『みゆき』とか『めぞん一刻』とか、そういうのは新品でドバッと買います。家のパソコンはもう壊れて3、4年経っているので、インターネットができません。僕が来るのはこんな時間だから、誰もいないのは仕方ないです。株をやってるんですけど、○○証券のHさんとはもう5、6年前からのつきあいです」

時計の針がぴったり5時を指すと、何故か黒いサングラスをかけ、Mさんは帰っていきました。

|

たった3人の月曜ミーティング②

朝からとても寒く、午後からは冷たい雨が降るらしいという天気予報・・・こういう日は、どうしてもメンバー数は少なくなります。午前10時の時点でスペース杉田にいたメンバーは、たった3名でした。

それでも、予定通りに月曜ミーティングはあります。今日の検討事項の一つは、今週金曜日のレクリエーションの行き先でした。

〈朝日新聞本社見学〉、〈洋光台釣り堀体験〉、〈リニューアルしたマリンタワー見学〉の3つの提案から、〈リニューアルしたマリンタワー見学〉に決まりました。もちろん、ミーティング参加者全員の多数決で決まりました。

たった3人のミーティング②

(採決の模様)

結局今日は、スペース杉田の来所者数は5名でした・・・

|

バレンタインデー2日前

サブミーティングテーマ〜『バレンタインデー』

バレンタインデー

「働いてた時(20年前)会社の人にもらいました。それからは、妹とか母からです・・・」(40代男性) 「中学生の時、4人の女の子からもらいました。中学の時は歌を歌ったり漫才したり人気者だったんです」(50代男性)
「去年男性職員からお返しにもらったチョコレートが美味しかったです」(20代女性)
「縁も所縁もなかったです(笑) 姉貴からもらったかな」(50代男性)

バレンタインデー

(義理でもジョークでもいいから、やっぱりいただきたい!?)

|

シネコン状態

今日は月に2回のイブニング・ケア(午後8時まで開所)でした。ここ最近は、映画好きの男性メンバーの提案で映画鑑賞会になっています。

今回の上映作品は、男性メンバーが何枚か持参したDVDの中の『西部戦線異常なし』でした。が、何度やってもDVDがプロジェクターのプレイヤーでは読み込まれず、第2希望の『エクソシスト2000』になりました。ところが、この『エクソシスト2000』ですが、とても怖い映画なわけで、男性メンバーが「やっぱり観てると凄く緊張するから」と部屋の反対にあるテレビで『西部戦線異常なし』を観始めました。テレビの方のプレイヤーでは何故かDVDが読み込めたのです。

というわけで、今夜はスペース杉田の中で2本の映画が同時に上映されるというシネコン状態になったのでした・・・・

(100インチプロジェクターで観るオカルト映画の金字塔『エクソシスト』)


(こちらはぐっと渋く『西部戦線異常なし』)


|

磯子精ボ会さんの昼食サービス

本日の昼食は、磯子精ボ会さんの鮭のホイル焼きでした。
(美味しかった〜)

磯子精ボ会さんの活動はスペース杉田の開所より古く、20年以上にもなります。スペース杉田にも、今の職員さんよりも前からスペース杉田との関わりがある方がいらっしゃいます。


(副会長の二瓶さんを囲んで)

|

山下公園まで

午後のスポーツは、山下公園までのウォーキングでした。

富士登山のトレーニングの一環として5年ほど前に始まった長距離ウォーキングですが、徐々に世代交代なのでしょうが、参加者の顔ぶれも変わってきました。

今日の参加者は、お二人とも20代。さほど休憩も必要でなく、3時間近くの道のりを楽々と歩いていました。

(まだ寒い、山下公園)

|

Mさんを偲ぶ会

午後、先月事故でお亡くなりになったMさんの偲ぶ会を開きました。参加者は、Mさんのご家族を含む40名以上になりました。

10人以上の方のスピーチと、Mさんの活動の様子を編集した40分ほどのビデオを見て、生前のMさんを皆で想いました。

Mさんをなくした悲しみは続いていますが、今はただMさんのご冥福を願うのみです。Mさん、安らかにお休みください。


|

シガレット&コーヒー

精神障害のある人の喫煙率は、かなり高いかもしれません。スペース杉田を始め、施設内に「喫煙スペース」を設けている地域活動支援センターや市内各区の生活支援センターはいまだに数多いです。

それはともかく、タバコといえばコーヒーです。タバコを吸う人は必然的に(?)コーヒーを飲む回数が多くなるようです。

ところがこのコーヒーですが、お手軽ということで缶コーヒーを毎日のように習慣的に買ってしまう人も少なくないのではないでしょうか?塵も積もれば山となる・・・知らず知らずのうちに、缶コーヒーやペットボトルのお茶に思いもよらぬ出費をしている人もいらっしゃいます。


毎日何回も飲むコーヒー・・・どれが一番美味しくてお買い得?

結論的には、ドリップ式が色々な意味でよろしいようで・・・

|

手芸工作

午後は手芸工作でした。この時間はいつも女性ボランティアさんが二人参加しているのこともあり、とても賑やかです。手芸工作、と言うと女性参加者ばかりのようなイメージがありますが、必ず参加している男性メンバーもいらっしゃいます。



最近注文も入っている篭。エコテープを使って作ります。糊が乾くまで洗濯バサミで挟みます。

この時間を仕切るのはFさん。手芸工作の講師で、団体の理事も施設の会計もやり、ジャムも作るしテニスもボウリングも上手いスーパーレディです。

|

たった3人の月曜ミーティング

毎週月曜日の朝は、ミーティングです。スペース杉田の様々な活動についての検討、決定をする大切な時間です。しかし、今日の出席者は、たった3名(メンバー)でした。

スペース杉田では、プログラムやサークルなど全ての活動について基本的に「参加不参加は自由」を謳っています。ですので、たった3人のミーティングでも今日のミーティングで決定したことは、スペース杉田全体の決定事項になります。

しかしそうは言っても、結局「朝起きれない人もいるしなぁ・・・」というミーティングに参加できないメンバーへの配慮で、色々なことはいとも自然に先送りになったりします

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »