« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

『スギタの帝王2』上映会

3年越しの撮影が続いていた『スギタの帝王2』の上映会が黄金町シネマ ジャック&ベティで開かれました。

Cimg5964

最近公開された邦画の撮影ロケ地としても使われた渋い雰囲気のある映画館。

201003271732542舗道の立て看に貼られたポスター・・・3年前には誰もこんな上映会ができるとは想像していませんでした。

Cimg5966_2 午後6時開場を待つ、出演者とスタッフ。

Cimg5959

果たしてこれから上映される映画はどんなものなのか・・・

201003271928561

「ワシお笑い芸人になるんや!」

上映時間約100分。終始笑い声が・・・『スギタの帝王2』はコメディ映画?

Photo

本編の終わりには、メイキング映像もありました。

201003272027081

上映終了後、ロビーに出てきた映画サークルメンバー。

201003272013582_2

ほとんどのお客さんが笑顔で帰っていきました

年度末でお忙しい時期、大勢の皆さんに観に来て頂きました。地域のNPOの方々、イマージュISOGO(音楽サークル)やアマチュア劇団のメンバー、そしてスペース杉田のような精神保健福祉施設のメンバーやスタッフの皆さん、市役所の職員さん。実はそのほとんどの方が出演者でもあります。みんなで作った映画をみんなで観るのですから、楽しいに決まっています 上映時間約100分間は、爆笑やクスクス笑いが絶えませんでした。『スギタの帝王2』はどうやら、『ミナミの帝王』の名を借りた爆笑コメディ映画だったようです。

『スギタの帝王2』MEMO  ●本編93分 ●制作期間 平成18年12月〜平成21年3月 ●出演者総数66名(障害のある人32名 地域の皆さん15名 福祉関係職員15名 その他4名)  

|

その後の『生活保護勉強会』

サブミーティングで、火曜日に開かれた『生活保護勉強会』の振り返りをやりました。

参加した皆さんの感想は、行政の方の力強いアドバイスに「安心した」というものが多かったです。

「親亡き後の生活」や「一人暮らし」についての自主的な勉強会をスペース杉田で始めようという声も出ました。将来の生活に不安になるような事柄は、一つ一つ調べて考えていけば、不安も少しづつ解消していくかもしれません。

|

『杉田文学』 第2号

『杉田文学』第2号が出来上がりました。

表面は三人の方の詩が、裏面はお馴染みの「ダジャレうた」です。

この『杉田文学』、お読みになりたい方はスペース杉田までご一報を。

|

第2回 グルメサークル

第2回の今日は、みなとみらいの某ホテルのランチビュッフェでした。サービス料込みで3234円!の昼食です。

G4

G5

Photo_2

G3

一人では入りづらいお店・・・それにお値段が高そう・・・でも行って食べてみたい!そのために貯金してみんなで食べに行こう!というグルメサークル。今回はメンバー3名、理事3名で出かけました。

皆さんの評価は・・・内緒にしておきましょう 次回は7月、お店は未定。今から貯金です。

|

生活保護勉強会

生活保護勉強会

市内のとある区役所のベテランのワーカーさんを講師に迎えて、午後の3時間近くスペース杉田のメンバーを対象とした「生活保護(制度)勉強会」をやりました。

「生活保護っていくらいただけるんですか」「生活保護でもらうお金でパソコンを買っていいのでしょうか」「生活保護をもらっていて、働いていいのでしょうか」というような質問から、「いくらまで貯金していいのですか?」「親と同居で世帯分離していますが、申請できますか」「障害基礎年金と一緒に生活保護はもらえますか」というような質問に一つ一つ丁寧に分かりやすく教えていただきました。

講師の先生によれば、<親亡き後の生活>が不安ならば親が元気なうちに一人暮らしの準備を始めましょう、生活保護を受けることと『自立』は相反しない、ということでした。

|

凄い映画のポスター

Photo

磯子の代表的なウェブサイト『磯子マガジン』さんが、スペース杉田の映画サークルの紹介とともにサイト上で素敵な映画のポスターを作ってくれました。なんだかド迫力の雰囲気です。

3年間の長きに渡る活動も撮影が先週に終わり、編集も昨日終了し、ついに映画も完成しました。上映時間90分、出演者総数は66名とNHKの大河ドラマ並です

『磯子マガジン』さんの記事にありましたが、「スギタの帝王2」はギャング映画ではなく、ギャグ映画のようです

★スギタの帝王2上映会★

3月27日(金) 午後6時より 黄金町シネマ ジャック&ベティ (京浜急行黄金町駅 市営地下鉄坂東橋駅) 入場無料

お問い合わせ スペース杉田 045−772−5641 

|

『スギタの帝王2』撮影終了

3年越しで活動してきた自主制作映画『スギタの帝王2』の撮影とアフレコがやっと終わりました。(3月19日)

ついに撮影終了

(JR新杉田駅裏の産業道路沿いで利息の取り立てシーン)

(2年前までスペース杉田があった中原の小道で)

ついに撮影終了

(バックは杉田のランドマークらびすた新杉田。映画の中で何度も出てきます。サークル主要メンバーのお二人もさすがにお疲れ気味のよう・・・)

上映会まであと一週間。三年間撮影した映像はメイキング映像も含めると膨大な量になりました。編集もほぼ終わり、あとは上映会を待つばかりです

|

レクリエーションは中止で

レクリエーション中止で
今日は本当ならば月1回のレクリエーションの予定だったのですが、ミーティングで特に提案もなく中止になりました。季節の変わり目ですし、花粉も舞い踊ってますし。

ということで、テレビでWBC韓国日本戦を観戦です。中高年男子の多いスペース杉田には野球好きな方が多いです。

来年度に向けて我が<磯子ファイターズ>も迷彩色のユニフォームを注文したばかりです。これがまたかっこいい!

妙に野球熱の高まった午後のスペース杉田でした。

|

杉田小学校4年3組のみなさん

杉田小学校4年3組のみなさんのエコキャップ活動に協力しようと、スペース杉田で集めたペットボトルのキャップを持って行きました。

Fw:

(結構重いので台車でゴロゴロ移動)

Fw:

(キャップをお渡しするだけだと思っていたら、教室の中に招かれました・・・そうしたらなんと1組のみなさんがお礼の会を開いてくれたのでした。司会進行も担当の生徒さんで、感謝の言葉を頂いた後にリコーダー演奏までしてくれました。ウルウル感動・・・お礼のメッセージが貼られた寄せ書きも頂きました)

「最近の小学生はしっかりしてるなぁと思った。嬉しかった。20年振りの小学校の廊下は狭かった」(メンバーYさん)
「ちょっと泣きそうになりました。会の間中ずっと私の顔を見ている女の子がいました。時々見ると目が合って・・・帰る時笑って手を振ったら、その子も振ってくれました」(メンバーMさん)

今後もキャップがまた集まったら持って行く予定です。港南区の「かるがも会」さんのご協力もいただきます。

4年3組のみんな、ありがとう!

|

ジャック& ベティ

午後のスポーツはウォーキングでした。『スギタの帝王2』上映会場である黄金町の映画館ジャック&ベティまで杉田からウォーキングでチラシを持っていくことにしました。

ジャック&<br />
 ベティ

(映画館の前に立つ出演者のお二人。役柄は、伝説の芸人とその弟子)

ジャック&<br />
 ベティ

(いくつもの有名映画に混じって『スギタの帝王2』のチラシが・・・)

非常に楽しみな27日の上映会ですが、映画はまだ完成してないそうです・・・

|

第27回杉田マラソン大会

ちょっと冷たい風が気持ちのよい良く晴れ渡った午後、磯子のIHIの敷地内で、第27回杉田マラソン大会がありました。

スペース杉田からは3名のメンバーが一般5キロの部に参加しました。

(激走するマラソンサークル代表タップランナー洋一氏)

3人全員完走!(ゼッケン④は工房タッチ施設長黒崎さん)

横須賀シーサイドマラソンや神奈川マラソンには出場経験のあるマラソンサークルですが、地元でこのような大会が行われているのを去年まで知りませんでした。参加費はたったの100円。小学生からシルバー世代まで300人以上の皆さんが参加されました。来年はもっと大勢のサークルメンバーで参加したいです

|

磯子ビデオフェスティバル

(ぬいぐるみも登場・・・「たねまる」っていうんですか

磯子ビデオフェスティバル

(いつもテレビで見ていた映像が大きなスクリーンに・・・感慨深いです・・・)

杉田劇場ホールで『磯子ビデオフェスティバル』が開催されました。主催はNPO法人夢コミュニティネットワークさん。スペース杉田も何かとお世話になっている磯子区を代表する元気な皆さんです。

昨年夏に参加した『ハマこい踊り』のサークル活動の練習風景などを5分の作品に編集した作品を出品しました。

<伝えよう磯子の魅力>がテーマの今回のビデオフェスティバル。スペース杉田のメンバーと地域の方たちとの交流活動はどんな風に感じられたのでしょう?

残念ながら今年のハマこい踊りはスケジュールの都合で参加できません。残念!踊りたかった!

|

生活保護勉強会

生活保護勉強会

市内のワーカーさんをお呼びして、スペース杉田のメンバー対象の生活保護についての勉強会をもうすぐ実施します。

勉強会の時間は限られているので、今日は事前にメンバーの生活保護制度についての質問を整理するために、ホワイトボードを使ってのサブミーティングでした。

「一体いくらもらえるのですか」「持ち家に住んでいてもらえますか?」「いくらまで貯金していいのですか」

親亡き後をどう暮らしていけばいいのか・・・多くの人に切実な課題です。

|

具合が悪くなった時は

具合が悪くなった時は

たまにパソコンの調子が悪くなる時があります。特に動画の編集をしているパソコンはストレスが大きく、ある日突然調子を崩します。そういう時、いつもお世話になっているパソコンボランティアの方にお忙しいのに無理を言って来て頂きます。

今回は、ある特定のソフト使用中でのトラブルで、なかなか原因が分からず色々試していただきました。その過程が、またパソコンの勉強になります。そしてもうハードディスクの交換しかないかな、というところまでいったのですが、翌日には嘘のように回復していました!

短くないお付き合いの中で、こちらの活動や事情を理解して頂いている、具合が悪くなった時に支えていただける、ビジネスなどではなく身近な地域にこのような方がいる安心感は何ものにも変えられません。

|

まだ映画撮影中

「スギタの帝王2」の上映会は27日です。しかし、工房タッチさんの協力を得て今日もまだ夕方から撮影をしていました。
まだ撮影中
ヤミ金の若者と彼女の頭上から一万円札が舞い落ちるというカットの為に、10回以上お札をかき集めては上からパラパラと落としました。果たしてこの映像は完成作品には使われるのでしょうか・・・
ちなみに、お札は本物です。女性職員の虎の子を使いました
まだ撮影中

(撮影後、一応100枚あるかどうか確かめる助監督オードリーつよし氏)


|

マスターのコーヒーを飲みながら

スペース杉田のマスターことMさんは珈琲が大好きで、人にいれてあげるのも好きという根っからのコーヒーマスターです。

豆にこだわりがあり、横浜の行きつけのお店まで出かけて買ってきます。気が向くとみんなに声をかけ、コーヒーを入れてくれます。午後の室内にコーヒーの香りが漂うのはなかなかいいものです。30円で味わえるこの幸せ (スペース杉田内でいれるコーヒーは、1杯30円づつ出し合って豆の購入、お金の管理などをメンバーが自主的にやっています)

コーヒーとタバコとクラシック音楽を愛するMさんはスペース杉田になくてはならない人なのです。あ〜美味しかった

|

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった
午前中は昼食の調理実習で賑やかだった室内も、午後3時を過ぎると誰もいなくなってしまいました。職員さんがカタカタとパソコンを打っている音だけがしています。

スペース杉田では、ここ最近3組もカップルが誕生したそうです。皆さん、プライベートでお忙しいのかもしれません

昨日の晩から雪が降るなんて天気予報も出ていた冷たい雨の降る横浜杉田の午後3時です・・・

|

自分で弁当作ってきました③

倹約生活に励むNさんの本日の昼食です。おにぎり2個を自分で作ってきたそうです。具はなし。入れるものが家になかったからだそう。野菜ジュースがビタミン不足への自覚が伺えます

|

女3人集まれば

午後はスポーツのウォーキングで皆が富岡の芋観音へ出てしまい、女性三人が残りました。

何を話してるんですか? 「男の愚痴です」だそう。

人生最後(?)の恋をされている方、男は当分いいですという方、結婚されている方。

人生色々、女も色々ですね。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »