« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

麻生さんVS小沢さん

サブミーティング(11/21・28)

参加者:7名(女性2名 男性5名)

テーマ:『麻生太郎(自民党)と小沢一郎(民主党)』

時間:計35分(2回)

●麻生さんについて

「医師を批判して、解散もしない様子だし、これからどうなるのかなぁ」「あんまり良くない。国民はついて行かないんじゃないの」「今解散したら自民党は負けると思う」「顔が怖いし、迷走中って感じ」「今のままでは負けます。オタクの世界にはいいかもしれないけど、庶民にとってはどんなものか。アキバだけじゃ駄目だよね」「福田さんよりマシ」「庶民を踏みつけるような発言、暴言。人格的にも総理大臣としてふさわしくないっ」「漢字にルビをふらないといけない首相はいかがなものか」「他の党に色々言われるとすぐ意見が変わるよね」「失言があるじゃないですか。麻生が人気があって、自民党で選挙に持っていくはずができなくなっちゃった」「与党内部にも批判があるよ」

●小沢さんについて

「よく知らないけど、俗に言う壊し屋?政権を取るという気持ちみたいだけど」「取れないよ」「詳しいことは分からないですけど、できれば消費税は据え置いて欲しいです・・・」「あんまりイメージが良くない」「前に言っていた大連立をやれば良かったのではないかな」「顔が悪人っぽい」「ダーティなイメージがあるよね」「細かいことは分からないが、民主党を応援している」

●これからの日本の政治について

「誰が首相になったって同じだよ」「国民の真意を問うべきだと思う。自民党は選挙が怖いんでしょうね」「英米は政党が変わって世の中も変わる。一党政治は駄目ですよね」「二大政党でやれば、民意を問える。チェック機能が生まれる」「民主党になるのかな?」「政治家は自分のことしか考えてない」「これは選挙に行かなくては。どうなるのか見てみたい」

・・・麻生さんも小沢さんも頑張ってください!

(ここに記された「意見」は、スペース杉田に通うメンバー個々人によるものであって、スペース杉田を代表する意見ではありません)

|

お菓子づくり

お菓子づくり


本日午後のプログラムは『お菓子づくり』でした。

これが、密かに人気のプログラムで、毎月参加者が少数ながら絶えません。


今日のメニューは、クレープ。出来上がった生クリームやチョコレートたっぷりのクレープを頬張る参加者の皆さんでした。メタボになってもいいやナンテ

|

第4回ベイサイド杯ボウリング大会実行委員会

実行委員会と言っても、実行委員は2、3人です(ちょっと淋しい)。毎年磯子区や近くの施設にお声かけをして、ボウリング大会を主催しています。

今年も金沢区のすぺーす海さんの職員さんとあれこれ相談して準備を進めています。当日はボランティアさんのお手伝いも借りて、ドタバタしながらの開催です。

磯子区「工房タッチ」「シャロームの家」「櫂の木・楡の木」、金沢区「あおい鳥作業所」「すぺーす海」「南共済病院デイケア」、港南区「かるがも会」、栄区精神障害者生活支援センターなどの各チームが参加予定です

|

神奈川県精神障害者ソフトバレーボール大会

今年も大和スポーツセンターで開催されました。優勝チームは関東ブロックを経て、全国障害者スポーツ大会に出場するという大きなソフトバレーボール大会(6人制)です。今年は大和で20以上のチームが参加しました。

スペース杉田の参加は今年で4年目。いつも初戦は勝つのですが、2戦目で負けてしまうんですよ

ですので、今年こそは、と言う声もあったのですが・・・音楽会、マラソン大会とイベントが続き、選手にやや疲れが見られました。あっさりと第1戦で『舞岡ファイターズ』(舞岡病院デイケアチーム)に負けてしまいました。チーム全員が揃って練習するということが一度もありませんでし・・・みんな体調に差がありますからね。

病院のデイケアチームはどこも登録者が多いので、強いチームが多いです。スペース杉田のように参加者がギリギリだとなぁ・・・なんてことを愚痴りながら大和スポーツセンターをトボトボと後にしたのでした

(開会式で、コートに向けての写真撮影は、「嫌がる人がいらっしゃる」とのことで、禁止とのお達しがありました。上の写真は、そのお達しが伝えられる前に撮影したもので、その後実行委員代表の方にこのブログでの掲載に許可を得ております)

|

第33回よこすかシーサイドマラソン

    

Cimg3279_2

Cimg3282_2

今年で4年目になる「よこすかシーサイドマラソン」に出場してきました。5キロ部門は男子女子合わせて1000人近くのランナーが走る大きな大会です。

この日のために練習を熱心に重ねてきたマラソンサークル代表のタップランナー洋一さん(芸名)が風邪のため不参加という残念なアクシデントがありましたが、出場した男性2名女性2名のメンバーは全員が完走しました。しかも好タイムです。

ちゃんと練習すれば、走れる方結構いらっしゃいます

|

夕暮れ時の音楽会vol②

予定通りに白楽の一(いち)さんで「夕暮れ時の音楽会vol②」は午後4時よりスタート 飛び入り参加を含めると13組16名の方々のパフォーマンスが披露されました。

Cimg0278

●『夢の途中』(来生たかお)
トップバッターは、スペース杉田の広告塔としてボランティア講座や看護学校で何度もスピーチをこなしてきた方。でも、弾き語りでは、指が震えてました。一生懸命な姿が素敵 

Cimg0279

●『影を慕いて』(古賀政男)緊張して?前日から徹夜です、と。途中で何回かやり直しもありましたが、気にしない気にしない。唄は絶品

Cimg0280

●『幸せのダイヤモンドスター』(ご本人と仲間のオリジナル曲) 

珍しいフルーツシェイカーを振りながらの独唱でした。伴奏がないのに音程をはずさずに歌えるのは、さすがミュージカル出演経験者の力量でした。                                                        

●『北酒場』(細川たかし)

元気いっぱ踊りながら歌いました。二番の歌詞だけが台湾語なのは何故? 一緒にいらしてたお母様が、「こんな○○(息子さんの名前)の姿を見たことがないです」と驚かれてました。すぺーす海のメンバーさん

Mayoi

●『想いの影』(?十年前のご本人初めてのオリジナル曲)

この曲を人前で歌ったのは初めてだそう。80年代の香りのするラブソング。初めて作った曲とは思えない程に凝ったコード進行のメロディー またスペース杉田のイベントに参加して下さい。工房タッチの方でした。

●テーブルマジック

川崎のピア(自助)グループからの参加。マジックには定番の「オリーブの首飾り」に乗せて華麗な指さばきのトランプマジック!に驚きの声と大きな拍手が

●『いちご白書をもう一度』(荒井由実)

飛び入りで参加。ユーミンの名曲を、完璧に歌い上げる。その世代には感涙ものでした

●『浜千鳥』・『一人の小さな手』『翼をください』

お店の常連さんのピアノと、ママの飛び入りでした。ママさんはとっても歌がお上手でした

Cimg0283

●スピーチ

持参したMDが再生できず、自作詩の朗読は止めて、急遽スピーチに。スピーチサークル代表ですから白楽は高校生時代に通った思い出の町だったそう

●『虹』(ご本人オリジナル曲 自作シンセ音源CDR)

タイトルとは似ても似つかないど迫力サウンドに乗せて、クールで力強いオリジナリティ溢れるボーカル。アーティストでした

077

●『アラクレ』(B'z)

何回もスペース杉田で練習してるのでみんな見慣れたもののハズが、場所を変えるとこれがやっぱりオモロイ さすが芸達者なお二人

072

●『チャコの海岸物語』(ササンオールスターズ)

スペース杉田が誇るカラオケ上手な方です。桑田圭祐、松山千春、近藤真彦、で歌ってました

●『なごり雪』(イルカ)

ギター歴30年男性と、カラオケを5時間やっても飽きない女性の熟年コンビ。どうしてもテンポが速くなってしまう平成バージョン(?)とのこと。3カ月前からの練習の成果で、息もピッタリの素晴らしい歌と演奏でした

あっという間の2時間でした。今回の音楽会は、お店のキャパもあり、スペース杉田とつながりのある一部の方々にしかお知らせしていませんでした。残念だったのは、スペース杉田以外のメンバーで調子を崩す方々が多く、5人の方の出演が叶いませんでした。魅力ある音楽仲間がいるのに残念!次回は是非出演して欲しいです。新しい方との出会いも歓迎です。上手い下手なんて関係ありません。一生懸命パフォーマンスする姿がイイんです。やってて楽しい事って誰でも自然と一生懸命になるんですね

 

|

音楽会リハーサル

明日の『夕暮れ時の音楽会vol②』のリハーサルを午後やりました。音楽会といっても、自作詩の朗読をする人、物真似で受けを狙う人、マジックをやる人など様々で、12組15名の皆さんがパフォーマンスを披露します。スペース杉田以外のメンバーも4名参加します。

今回の会場は、白楽のCafe&Bar『一』(いち)というお店です。福祉施設の自主製品や作品の展示コーナーもある精神保健福祉に大変理解のあるお店です。メンバーの就労体験の場としてもお店を提供しているそうです。「一」の常連さんも明日は何人か飛び入りで演奏してくれるかもしれません。

今日のリハーサルは、すでにもう十分素晴らしい詩の朗読(写真)、大爆笑のエアB'z、しっとりとしたオリジナル曲などが披露されました。でも、みんな段々緊張してきたようです。

|

ボランティア体験実習

今日は月一回のレクリエーションの日でした。ぐっと冷え込んだ一日でしたが、澄み切った青空の下、5人のメンバーが初冬の鎌倉へ行きました。八幡宮にお参りしたあと、小町通りの有名な「ミルクホール」へも行きました。

プログラムに限らず、レクリエーション、旅行(宿泊研修)でも、参加不参加はまったく自由のスペース杉田では、今日のような日でも、活動に参加しないメンバーのために、できる限りスペース杉田を開けています。

今日は磯子区社会福祉協議会他が開催している「精神保健福祉ボランティア入門講座」の体験実習の60代の女性が一日いらっしゃってました。

お昼時、鎌倉散策には参加しないで、スペース杉田でのんびり過ごしていたメンバーは40代の男性2名。実習生の方と話が弾んだり途絶えたり・・・テレビの中では『徹子の部屋』で徹子さんと大橋巨泉さんが話していたり・・・そんなマッタリとした昼下がりでした。

|

磯子精ボ会

磯子精ボ会

磯子精ボ会の渡辺さん二瓶さん小林さんです。キッチンが狭くてすみません。

磯子精ボ会

(本日のメニューはおでん)

磯子精ボ会の皆さんには月2回昼食を作りに来て頂いてます。会員は20人以上、その精神保健ボランティア活動は、磯子区で16年にも及びます。代表の柏木さんはスペース杉田を運営している「NPO法人ゆっくりいそご」の理事でもあり、カウンセリングもたまにやってくれるメンバーのお父さん的な存在です。得意な料理はフルーツの入ったカレーです

ゆっくりいそごは、スペース杉田を開所以来運営してきた市民のボランティア団体(神奈川県精神保健ボランティア連絡協議会)から一昨年独立して生まれたNPO法人です。NPOになったのは迫られてのことでした。

15年ほど前、一般の精神保健市民ボランティアの集まりがスペース杉田のような施設を立ち上げたことは、とても珍しいことでした。

|

月曜ミーティング〜『宿泊研修』

今年度の宿泊研修の行き先がなかなか決まりません。色々行き先を出しあって、やっと最後の候補に上がった四国ツアー(讃岐うどん・金比羅)を調べましたら、参加者の負担額(5000円)をどうもオーバーしてしまうのです・・・ちょっと前までは格安パック旅行があった気がするのですが・・・また一から話し合いのやり直しです。

迷走する『宿泊研修』

(その後の昼食時間の光景・・・テレビのニュースを見ながら、「一流大学入っても大麻なんて育てちゃなぁ」の声あり)

|

テーマ『定額給付金に所得制限は必要か。1万2千円貰ったらどうするか』

テーマ『定額給付に所得制限は必要か。一万貰ったらどうするか』

「やっぱり貰えるもんなら貰いたい」「半分は自分がグルメだから食事に使って、半分は貯金する」「考えてません。多分貯金する」「そりゃあ僕も貰えるのは嬉しいけど、その分を後期高齢者医療やいわゆる福祉に回した方がいいんじゃないかな。消費税も3年後に上がると言うし、なにか自民党に騙されてる気がする」「総理大臣はちゃんと上げると今から言ってるのだから、騙すことにはならない」「消費税が上がることはどう思いますか?」「しょうがないと思う」「高額な商品にかけて、日用品などにはかけるべきでない」「直接税より間接税を上げて欲しい」「私もお金が貰えるのはありがたいけど、もうちょっとやりようがあるのではないか。税金の無駄遣いとかあるじゃないですか」「これから何度もくれるという話じゃない。今回1回限りなんだから、いいと思う」「結局、くれると言うから貰って、消費税が上がりますと言われたらそれを払う、そういうことになると思う」・・・

本日のサブミーティング参加者4名。『所得制限』に関しては意見なし。時間約20分。


|

映画サークル撮影日記②

映画サークル撮影日記②

映画サークル撮影日記②

昨日の日記と順番が逆さまなのですが、11日(月)の午後には、金沢区の「すぺーす海」さんにお邪魔して撮影したのでした。

写真(下)は海さん前の舗道。子供にプラレールの東京メトロセットを買う為に闇金に手を出してしまった女性が・・・かなり強引な設定ですが・・仕事帰りにフト前を見ると、取り立てのリーさんが立っている!それで慌てて逃げ出す、というシーンです。

他にも3人のメンバーさんがお金を借りる役で出演してくれました。嬉しいことです。お一人の方(写真上)は、役が大きくなり、あと何回か撮影に参加してもらうことになりました。出たい、という人には全員出演してもらってる映画『スギタの帝王』です。

|

映画サークル撮影日記①

映画撮影

とある地域活動支援センターに閉所後お邪魔して、撮影しました。実際に喫茶店として営業されているので、喫茶店の中という設定です。

喫茶店の経営に苦しむママさんと破滅願望の入った事務員。二人とも安易に闇金に手を出してしまいます・・・脚本にすればペラ一枚にも満たないシーンなのに、二人の女優さんは何度もNGを出されても2時間以上頑張りました。

闇金屋の若者は、第1作にも出演したブルース・リー・フォーさん(芸名)です。「利息が払えねぇならこの店もらうぞコラァ!!」・・・こんなセリフが最近ごく普通にど迫力で出てくるリーさんです。普段はとってももの静かな方なのに。役者です。

|

パソコン・ボランティア

パソコンサークルのボランティア、小野田さんです。「手作り製本の会」代表でもあります。4年ほど前からスペース杉田に来ていただいてます。その頃小野田さんは『学び合いと仲間作り協議会』の代表でもありました。その年の協議会のフェスタに誘われて参加したことが、いつの間にか現在の地域の方々とのつながりに発展しました。

磯子区内のアマチュア劇団、音楽サークル、NPO、WEBマガジン、生涯学習支援センター、スポーツセンターなどの皆さんとのつながりは地域で事業活動する上でとても心強いものです。

小野田さんにボランティアとして入っていただいて良かった

|

らびすた新杉田バザー

らびすた新杉田バザー

(9日撮影)

「ゆっくりいそご」が、リサイクル衣料品他を大量に持って出店しました。キャンセルが出たので2つのブースを借りました。

昼過ぎには冷たい小雨が降りだす寒い日曜日でしたが、売り上げはまぁまぁでした

フリマの楽しみは自分たちも他のお店をのぞいて買い物が楽しめることですよね。コカコーラグッズを3点ゲットして喜んでいる手伝いに来たスペース杉田のメンバーもいました。

|

家族会との交流会  

磯子区の家族会『なぎさ会』の8名の方との交流会がスペース杉田でありました。家族会とは、精神障害者のいるご家族の集まりです。スペース杉田を運営しているゆっくりいそごでは、この家族会との交流会を大切な事業のひとつとして年一回行っています。

スペース杉田の活動をまとめたDVDを上映後、お話をうかがいました。障害のある方自身も苦労が多いですが、ご家族の苦労もあります。「息子のおかげで大人になれた」とは、あるお母様の言葉でした。

横浜市健康福祉局の資料よると、磯子区の平成18年度「精神障害者等基礎把握数」は2,846人、「精神保健福祉手帳交付状況(総数)」は702人、とあります。

|

細谷亮太氏講演会 ご案内

『NPO法人ゆっくりいそご 講演会』

〜輝けいのち 子供たちに教えられたこと(仮題)〜

●講師 細谷亮太氏(聖路加病院副院長 小児総合医療センター長 俳人)

●日時 平成21年2月27日( 金)午後6:30

●場所 杉田劇場ホール(定員300名)

●料金 800円(当日1000円)

●主催 NPO法人ゆっくりいそご・スペース杉田

チケット発売開始日等詳細は、決まり次第お知らせいたします。

|

消えた『禁煙サークル』

毎日のプログラム活動と同時に、相変わらず盛んなサークル活動ですが、いつの間にか消えていったサークルもありました。

『禁煙サークル』、『ダイエットサークル』、『お笑い落語サークル』、『ホラー映画サークル』『英会話サークル』、『(富士山以外の)登山サークル』・・・まだあるかもしれません。中には期間限定で、予定通り終了したサークルもあります。

面白いのは、『ダイエットサークル』がなくなっても、その後ちゃんと一人でダイエットができてるサークルメンバーが何人かいることです。こういうことは、一人でコソコソと地味にやった方がいいのかもしれません。

難しいのは、『禁煙』・・・こればっかりは、何人もの人が何回も挫折しています

|

YES, WE CAN!

アメリカでは新しい大統領が誕生しそうですが、スペース杉田では新しいサークルが誕生しました。その名も『東海道弥次喜多サークル』!

日本橋からウォーキングで東海道を制覇しようというサークルです。もちろん何回かに分けないとできません。

毎朝午前4時には目が覚めてしまい、部屋の中でじっとしているのが嫌だからと、毎日毎朝(!)何キロも歩いているメンバーが代表です。

しかしこのサークル、お金もかかりそうだしやってけるのかな・・・大丈夫、YES,WE CAN?

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »